FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
現代画報社 中国で判決の邦人“麻薬運び人”死刑執行へ

中国当局の捜査が万全で、かつ中国の国内法に基づき、厳格な手続きで厳正な裁判が行われ、証拠、その他の状況からみて、日本人の犯罪に疑いがないなら、死刑執行は日本がとやかく言うべきではでしょう。しかし、どうしても捜査が恣意的に行われているのではないかと言う疑いを持たざるを得ない。その上に、死刑執行が例によって、中国政府の政権安定のために意図的に利用されている懸念・疑いが垣間見える。今回の中国側からの死刑執行の通告は、毒入りギョーザ事件の中国人容疑者が拘束されてから、わずか3日後という。
そして、疑念が強くもたれるのは、中国当局は事件発生当初、日本で農薬が混入されたことを強く示唆しただけに、中国国内ではインターネット上で、「政府は日本人が犯人と言っていた」といって、中国政府当局に非難が殺到しているらしい。これらの批判を抑え込む必要に迫られていたという。日本人を死刑にすることで位で政府への批判が収まるとは思えないが、中国ならリ得ると思えるから怖い。一党独裁のまま、軍事・経済の超大国となると世界はどうなるのか想像ができない。
---以下、スポニチ新聞引用要約
中国当局が日本政府に対し、麻薬密輸の罪で死刑判決が確定している日本人の男性死刑囚について、近く死刑を執行すると通告してきた。執行されれば72年の日中国交正常化以降、日本人で初めてとなる。日中間では、大きな懸案だった中国製ギョーザ中毒事件の容疑者が拘束され、関係改善加速への期待も出ているが、執行されれば日中関係に微妙な影響を与えそうだ。日中外交筋によると、男は06年9月、遼寧省大連の空港から日本へ覚せい剤約2・5キロを密輸しようとして逮捕。08年6月に1審で死刑判決を言い渡され控訴したが、同省の高級人民法院(高裁)で昨年棄却され、判決が確定していた。共同電によると、日本人の執行猶予の付かない死刑囚はこの男も含め4人いる。




報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む
経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内 現代画報は現代画報社から出版されています 現代画報 《 穂積隆信対談 》 「確かな技術を誇る射出成形メーカー ... 現代画報のグラビア雑誌 wiki リサイクルブティック『えぶりぼで』 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道通信社 発明 | 報道ニッポンとの巡り合い 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社の国際ジャーナル
[ 2010/04/01 13:27 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際ジャーナル 水際対策 | ホーム | 自分が死んだらSNSは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/964-8ada75b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。