FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際ジャーナル 中国で犬肉・猫肉の食用禁止へ
えっ!?まだ食べているの!!!が、第一印象でした(汗)



中国の動物虐待禁止法案で、犬と猫を食べることを禁止する条文を盛り込むことにな
り、

それに伴い、犬・猫肉の販売も禁止されるそうですね。

個人的だと、犬・猫肉を食べたり販売した場合には日本円で約6万6000円以下の
罰金と15日以下の拘留刑が科せら、

会社組織などの場合は、日本円で約1万3200~66万2000円の罰金だそうで
す。



犬・猫肉の食用禁止が、国民に大きな影響をもたらすことはないとしています。

理由として、物質面で豊かになった現在、犬・猫肉を食べる人は少なくなったから
と。。



実際には、社会全体に対してどの程度実効性があるかは不明としています。

ちなみに、犬・猫を食べる食習慣は中国南部で、北部では犬肉を食べる食習慣がある
ようです。



最初に戻りますね。

まだ食べているの!?とビックリしたのは・・・



犬を食べていると聞いたのは、もう25年も前の話だから(笑)

たまたま私が柴犬を飼っていた時、知り合いから

「赤犬は美味いらしい。中国に連れて行ったら即調理されるぞ~」と言われ、

大変驚いた事がありました。



それから年月は経ち、今ではバブルまっ最中ではないかという中国なはずなの
に・・・

それにしても、今まで犬猫を食用にしていたなんて・・・



しかし・・・

犬や猫は食べても良いが、鯨は駄目なんだ~

というより・・・

中国は良いけど、日本は駄目なんでしょうか・・・(汗)


評判の国際ジャーナル
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
現代画報の美食探訪を読んで
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際ジャーナル経済白書
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
民法 経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社 国際ジャーナル 国際ジャーナルからの飛躍: 国際ジャーナルからの取材 喧嘩のたびに 国際通信社 国際通信社グループ 現代画報社 掲載料 取材 今、評判の雑誌って? 報道通信社 掲載料 取材費 商法 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! 刑法 現代画報 発行部数が3万部以上 報道ニッポン Movable Type 4 へようこそ! - 報道通信社 大阪 取材商法とは? 国際通信社って 東京 名古屋 タレントがインタビュアーになり取材します
[ 2010/02/08 17:31 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際ジャーナル 取材 去年の覇者がキャンプに賭ける思いとは? | ホーム | 国際ジャーナル 今、話題の人…直木賞受賞の佐々木譲さん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/931-be007e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。