FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際ジャーナルからの取材 犬や猫が冬期に・・・
以前、雑誌「現代画報」では「動物」に関する記事が紹介されていたように記憶しています。
獣医の話も特集されていたように思います。

先日、ある新聞に犬や猫に関する記事が載っていました。
犬や猫が冬にかかる疾患は「冷え」に起因するものが多いことが、ペット向け保険会社の調査で
分かったのだそうです。平成16年4月~20年3月末までの4年間に同社に給付金請求があった189万
5102件のデータを分析したのだそうです。内訳は、犬は68万3954匹、猫が6万7631匹です。

データによると12~2月の冬期に多くなる犬の疾患は「関節炎」や「椎間板ヘルニア」などの筋骨各
系疾患で1万8444件だそうです。同時期に増える猫の疾患は「膀胱炎」や「腎・膀胱結石」などの
泌尿器系疾患で5866件でした。6~8月の夏期に比べて、犬は1863件、猫は1133件増えているとの事
です。

同社は「犬は体が冷えると血行が悪くなり痛みが感じやすくなるため、歩くのを嫌がるなどして疾患
が発見されるのではないか。猫は寒いとあまり水を飲まなくなったり、寒い場所に排尿しなくなった
りするので、泌尿器の疾患が増えると考えられる」と分析しています。

「犬は寒くても平気」と思われている人が多いかもしれません。私が子供の頃に飼っていた犬は、
年中外で飼っていました。父が「犬は寒さに強いから」と言っていたのを覚えています。が、やはり
人間が「寒い」と思うのと同じで犬や猫も冬は「寒い」と感じているのでしょう。言葉が話せない
だけに、飼い主にも伝わりにくいのだと思います。
ペットも家族の一員です。自分の子供や身内の体調の異変を感じられるように、ペットの体調の異変
にも気付いてあげなければならないのです。縁があって家に来たペットなのですから・・・。


報道ニッポンとの巡り合い
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内
商法総則 by 国際ジャーナル
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載
ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナル批評
fashiondc.xrea.jp

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?
[ 2009/12/26 03:43 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際ジャーナルからの取材 国際ジャーナル「眠りについて」 | ホーム | 国際ジャーナルからの取材 非定型うつ病>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/868-a9099fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。