FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
現代画報社 南の島の話
報道ニッポン10月号に「有限会社マリンパレット」という沖
縄でダイビングを中心としたマリンスポーツ全般を広くサポー
トしている会社の記事が載っていました。この月刊誌が発売さ
れたのと同じ10月に私の知り合いが石垣島に旅行に行ってお
りました。行く直前に沖縄料理の店で、「店員さんにまだ泳げ
ますかね~。」なんて酔っ払って聞いていましたが、果たして
どのような3泊4日を過ごしてきたのでしょうか?
 南の島が好きな人は私の周りには結構たくさんいて年に1回
以上は必ずいくといった人もまれではありません。中には、細
かい島々をひとつひとつ制覇して白地図を塗りつぶしている人
もいます。このような人たちに共通して言えるのが、みんな観
光観光といってがっついているわけではなく、何もせずに浜辺
で寝転んでいるのがいいという人ばかりなのです。南の島とは
時間がゆっくりと流れる、そんなところなのでしょうか。
沖縄の人はみんなおおらかな人が多くて、時間の捉え方も独特
だと聞いたことがあります。おおらかといえば聞こえはいいで
すが、困ったことも多いのだとか。例えば待ち合わせの時。み
んな時間におおらか過ぎて集合時間になんて来ないそうなんで
す。待ち合わせの時間に目を覚まして準備を始めたり、2時間
待つことが当たり前だったり・・・。でも、誰も怒らないそう
で。この話どこまで本当なのやら。
 


国際ジャーナル
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
リフォーム
[ 2009/11/08 22:59 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<現代画報社 NICU満床という状況 | ホーム | 現代画報社 台風18号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/847-37a14e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。