FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際ジャーナル|非定型うつ病
現代画報7月号に、「非定型うつ病」についての記事が出ていました。
初めて聞く言葉ですが、普通のうつ病と何が違うのか・・・・?

普通「うつ病」といわれるのは、「定型うつ病」とか「メランコリー型うつ病」と呼ばれるもので、
気分の落ち込み、意欲や食欲・集中力の低下、不眠などが主な症状だそうです。
一方「非定型うつ病」とは、何か楽しいことや望ましいことがあると気分がよくなるそうです。
定型うつ病では何があっても元気が出なのに対し、出来事に反応して気分が明るくなるのが大きな特徴であり、また夕方になると調子が悪くなったり、過食や睡眠気味になるなどの傾向もみられるとのことです。
「非定型うつ病」は、記事にもあるように20~30代の女性に多く発症するそうで、
まさに私は非定型うつ病にかかりやすい年代にあることがわかりました。

定型、非定型に関わらず、うつ病は現在「病気」として認識されていますが、症状が他人からはわかりにくいため周りに理解してもらいにくく、また自分でも認めたくない、または自分が無能になってしまったのではないかと自信を喪失しさらに症状を悪化させかねないものです。

非定型うつ病の予防効果があるとされる規則正しい生活リズム、目標をもって日々生活する、などの基本的な
生活習慣を心がけ、また周りにうつ病のきざしが見られる友人や同僚がいないか、目を配るよう心がけたいと思います。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
[ 2009/08/03 19:20 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際ジャーナル|車で女性を追いかけまわし、会社員の男書類送検 | ホーム | 国際ジャーナル|最低賃金>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/821-2ed0750e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。