FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際ジャーナル|いじめ
学生が夏休みに入りましたね。充実したものにしてください。

さて、先週の金曜日に1学期終業式という子供さんが多かったかと
思います。私が、外出先から帰る途中でたくさんの下校中の小学生
とすれ違いました。

家のすぐ近くに来たときに、1人の男の子が2人の男の子にいじめられて
いるのに気付きました。よく見ると、いじめられている男の子はうちの
近所に住んでいる子供でした。男の子は泣きながら、家の方向に走って
逃げていきました。「どうしていじめていたの?」といじめていた男の子
に聞いてみました。すると、返ってきた答えが「だってあいつ、とろくさい
からむかつく」だったのです。「とろくさい・・・ってそれだけでいじめて
たの?」と私は呆れながらもう一度聞いてみると「そう」といじめて当たり前
・・・というような返事をしてきました。
「むかつくから、あいつのかばんも俺が没収じゃ」とまで言ってました。

「じゃあ、自分はどうなの。何事もてきぱき動けるわけ」と聞いてみました。
すると黙り込んでいました。「クラスの誰かが困っていたら助けるのが友達
じゃないのかな。」とさり気なく言うとまたまた返事に困っている様子。

結局、いじめられていた男の子はお母さんと一緒にかばんを返してもらいに
いじめていた男の子のところにやってきました。一緒に来たお母さんは、私が
いたことにびっくりしていましたが・・・。

本当に些細な事から「いじめ」ってうまれるんですね。
ちょっとした事が「むかつく」「うっとうしい」になるんですね。
最近の子供は「キレやすい」と以前、新聞やテレビの情報番組でも言っていました。

私は、まずいじめている子供の親は我が子の行動にどう思っているんだろうって
思うんです。今回のいじめの現場を見て、注意している際にも「この子の親は
一体、どういう親なんだろうか」と思ったりもします。

まさかとは思いますが「うちの子に限って・・・」なんて思っていませんか?

いじめられている子供というのは、一度いじめられると心に深い傷が残って、
一生その傷は残るんですよ。

今、いじめられている子に一番伝えたいのは「絶対に明るい未来があなたに
待っているんだよ」ということです。
今は、とてもつらいでしょう。つらくてつらくてたまらないかもしれません。
でも、最悪のことは考えないでくださいね。あなたの命、とても大事なものですよ。
何にも変えられない大事なものなんです。
明るい未来を信じて、1歩1歩、前を向いて歩いていってください。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
[ 2009/07/21 16:46 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際ジャーナル|高齢ドライバーの事故防止について | ホーム | 国際通信社|選挙日決まる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/817-ed2d4f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。