FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
発刊が楽しみな国際ジャーナルから発展して
昨日のヤフーニュースにでていた
「宝くじ当選女性殺害犯」の報道記事。

犯人を知る人の話では
勤め先では「まじめな人」という評判だったそうだ。

こういったニュースを見ていると
「いい人だ」「そんな人には見えない」という
周囲からの評判がよくあるけど
詐欺や殺人ををする誰もが「悪い人に見える」ワケでは
ないだろうし「変な人」に見えるわけでもない。
そんなことになれば「悪そうに見える」人は何もしてなくても
疑われてしまう。

でも実際に、現代は「考えられない」というような
人が「ありえない」事件を起こしているから
周囲のこれまでの評判がニュースで出てくるのも仕方ないのかも。


「人を簡単に信じるな」


っていう教育を受ける時代になるのかな。国際ジャーナル「逸店探訪」
国際ジャーナル誌(株式会社 国際通信社:発行)の人気トピック「逸店探訪」のコーナーには、街の表情が色濃く出ている街のお店が紹介されています。


例えば「土曜日の朝に出かける喫茶店」

誰かの朝の顔である喫茶店は、違う誰かの昼のくつろぎでもあり、誰かの夕方の友達で、平日毎日訪れるサラリーマンの息抜きかも、しれません。そうして街のいろんな顔になれるお店は、どの街にもあって街の人を暖かく迎えている。日常に溶け込む余りに、なかなかその暖かさに気づかないけど、引っ越してみたあと、改めて気づくのだと思います。

何でもないけど、ちょっとしたことがあなたに自然にそっとピッタリあっていることこそが、愛する店の暖かさである。珈琲の苦さ、カップの厚さ、週間誌のセレクト、新聞の数、トイレのキレイさ、店主との会話、トーストの焼き具合…。

何一つとして同じものはないそんな街の表情=店の表情が分かる貴重な頁ばかりです。クーリングオフ
悪質商法による被害が蔓延している今の日本において、
救いの綱といえば、「クーリングオフ」制度である。

しかし、現在のキャッチセールスやオレオレ詐欺、
ねずみ講などの悪徳詐欺商法はクーリングオフできない隙間
を狙ってやってくる。特に個人経営をしている自営業者は、
クーリングオフ適用外のため、会社名義で購入してとせがんでくる
場合があるという。

そんなケースを考慮して、法改正が進められているか、
どうしても適用外といった部分はでてくるため、
ますます個人自営業者が狙われるのではないかということが
懸念されている。

まずは一人一人が、騙されないように、
気をつけて行かなければいけない。

現代通信社
国際通信社
国際通信社|国際ジャーナル
国際通信社
報道通信社
[ 2008/12/19 12:54 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<詐欺問題考察:国際ジャーナルで考える | ホーム | 詐欺問題考察:国際ジャーナルは幅広い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/322-edfa6a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。