FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
月刊トップフォーラム 本当のコミュニケーション


国際通信社の雑誌で認知症についての記事が何度か載っていますが、この手の話はどうしても暗い気分になるので避けていました。でも、先日、認知症は介護の仕方で患者も介護する側も随分楽になるという番組をテレビで観て、ちょっと考え方が改まりました。認知症の人の脳は、記憶を司る海馬と、情報整理や論理的思考を司る大脳新皮質の神経細胞が萎縮してしま
っています。そのために記憶力が極端に落ちたり(新しいことが全く覚えられない)、方向感覚を失ったり、言語によるコミュニケーションが取れなくなったりします。けれど、感情を司る扁桃体は逆に非常に敏感になっているそうです。認知症の人は興奮しやすく感情のコントロールが出来ない、人格が変わるとまで言われてしまうのは、ちょっとした感情の揺れが根強く残り続ける、しかもどういう状況でそのような感情を抱いたかは忘れてしまう(記憶障害)、という偏った脳の状態が原因だったんですね。しかしこれは逆手に取れば、激しい感情の波をコントロールできるということです。嬉しいや楽しいという感情を大切にして、患者さんの気持ちを優しくすることが可能なのです。そのためには、認知症の人が何をしたいのか、何をしてもらうと嬉しいのか楽しいのかということを見極めなければいけません。介護する人はコミュニケーション能力、そして相手を思いやる気持ちが一番必要とされているのですね。





友人は、国際ジャーナル 職人でも気になっている所があるそうなので、そこも見てから参考にしたいと思っているそうです。
私がご紹介を受けた中には、国際ジャーナル 医療で紹介されていた個人経営の医者で開業なさっている方がいらっしゃいました。
そのモデルルームはとても豪華で、最近流行っている自宅でのヤギの画像鑑賞の為にお洒落なホームシアターラックがおかれていました。
先日、仕事の取引先の方とランチを交えながら打ち合わせをしていた時の事です。
それに髪の毛のケアとしては様々な種類のシャンプーがありますがシャンプーが人気があるようです。
またこのような機会を設けて有意義な時間を過ごしたいです。
この国際ジャーナル 企業では全国的な企業が紹介されており、私が見たものは松島が特集されていました。
今度興味が湧けばそういった雑誌も見てみようかと考えています。
確かその時は、保険代理店に勤める友人の計らいで、生命保険を手配してもらったと記憶しています。
ブラック以外にも、同じ種類で色合いの違うブラックと同様内径が大きくデザインされているそうで、どれを選ぶか悩んだそうです。
[ 2011/10/11 09:12 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際通信社 周りの教育 | ホーム | 国際通信社の電話取材より 福島原発沖の海水、2009年の58倍!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1337-2ed9ae58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。