FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際ジャーナル iPhoneやiPadが医療の現場に
今、注目を集めているiPhoneやiPad。こういった高機能携帯電話や
情報端末を、医療現場で活用する動きが広がっているといいます。
以前、雑誌「現代画報」で携帯電話に関する記事が紹介されていたように思う
のですが、今や携帯電話というのは驚くような機能がついているのですね。

東京のある病院は7月、脳卒中患者の診断に役立てる取り組みを始めたそうな
のです。
この病院の脳神経外科の医師が、脳のCT画像を医師のiPhoneに転送して
3D画像で自由に角度を変えて見られるアプリを開発したそうです。
脳血管のこぶの形状から手術が可能かどうかなど、自宅や出先にいる医師の意見
も聞きながら迅速な判断ができるといいます。
「医師不足の中、効率的な医療が可能になり、患者にも医師にとってもメリット
がある」と病院の教授は話していました。

また、往診に利用しているケースもあるそうです。ある病院では、院長ら6人の
医師、看護士がiPhoneを携帯しているそうです。患者の自宅からインター
ネットを通じてクリニックの診療記録に接続したり、写真を撮って送ったりできる
のです。その場で紹介状を作成し、救急搬送先の病院に直接データを送ることも
可能だといいます。

携帯電話といっても、メールを送ったり電話をかけたりだけではなく、人一人の命
を守るために利用されるというのは驚きの話です。




話に聞いて驚いたのが、プロポーズを受けた際もライフスタイルに合わせた保険料が設定できるという保険代理店 大阪に相談したそうです。
気がつくとすっかり日も暮れていたので、友人と別れ、電車に乗りました。
友人が調べた中で一番条件の良かった口コミです。
以前に看板に掲げられていた場所には、現在は近くの企業の看板が建て掛けてあり、保険代理店 大阪へと変わっていました。
その友人は前に専門学校に通っており、卒業してからは、国際通信社で記者として勤めています。
友人の実家付近にある歯列矯正 大阪には見えない矯正装置を扱っているらしく、状況に応じて取り外しの出来るものも用意しているようです。
前に住んでいた賃貸の物件と内装が似ている部分もあるようで、懐かしい雰囲気にも浸れるのだと語っていました。
インターネットを上手く利用して、機会があれば私も購入してみたいと思います。
友人は食べ歩きが好きなので、福岡や北海道によく旅行に行くことがあるようです。
古くなった車を買取専門店に持っていく前に、思い出作りと言って長時間のドライブに出かけたり、休みが合うと海まで足を延ばして、時間を忘れて一緒に楽しんだりしていました。
[ 2011/08/31 03:15 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<驚くべき調査結果 | ホーム | 国際ジャーナル 支持率、不支持率>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1325-5ad3c88e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。