FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
The Human 雑誌 苦味を感じないニホンザル
新聞に載っていた記事ですが、和歌山県や三重県など紀伊半島に生息するニホンザル。
このニホンザルの一部は、苦味を感じる遺伝子が変異して、かんきつ類などの苦味を
感じないということを、京都にある研究所の順教授と大学院の女性らが発見したそう
なのです。周囲の食べ物が味覚に地域差をもたらした可能性があるということです。
サルは、意外と何でも食べるのでは・・・と私は勝手に思っていたのですが、実は
そうではないのですね。「甘い」とか「苦い」が感じられる生き物だったのでしょうか。
地域によっては苦いものでも平気で食べることができるというのはやはり面白いですね。
みなさんの「サル」のイメージ、どんな感じでしょうか。

[ 2011/08/06 18:26 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<報道通信社 雑誌 今後市民の間で重要となるはず | ホーム | 報道通信社 経済誌 地デジ移行を利用した詐欺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1318-248e894e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。