FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
報道通信社 経済誌 中国の賃上げ騒動がもたらす将来とは?
現在の世界経済の中心は、なんといってもアジアにシフトしているのではないかと思います。その中心は中国です。すでに世界第二位の経済大国となった中国ですが、その国内においては様々な問題をかかえているといえます。労働問題もその一つです。最近ですが中国の外資系企業でストが頻発しています。このような報道の背景には何があるのでしょうか。この点については国際ジャーナルでも充分な分析をしてもらいたいところです。中国において待遇改善を求める労働者の権利意識の高まりなどが、最近の傾向です。中国労働市場の変化が感じられます。中国に生産拠点を持つ日本企業は冷静な対応が求められています。最近のトピックとしてはホンダが系列部品工場のストで乗用車の生産停止を一時余儀なくされています。これは大きな事件です。他にもデンソーの工場のストの影響でトヨタ自動車が生産停止に追い込まれています。中国における生産はこれからどのようになっていくのでしょうか。賃金が上昇していくのは必然的な動きですが、あまり賃金が高くなると、他の新興国への生産移管も進んでいく可能性があります。これからの中国をみていく場合、労働問題についての注目はいままで以上に必要になっていくのではないかと感じます。



今は資産運用に興味があるらしく資産運用セミナーなどによく出かけています。
カフェの店内にはザ・ヒューマン 美食や健康が紹介された雑誌や、それ以外にも女性週刊誌などが並んでいました。
若い方が多く集まる場所にあるマッサージ 大阪店は、予約の対象になっているのではないでしょうか。
友人は、国際ジャーナル 月刊誌をいつも先取りして読んでおり、誰よりも早く様々な企業情報を仕入れてきます。
電車にボーっと乗ってしまえばそれまでですが、案外周りを見渡すと大阪 異業種交流会がある物です。
説明が分かり易いことは勿論なのですが、このザ・ヒューマン 取材内容にいつも驚かされます。
美しく見せてくれそうですね。
少しずつ様々な金融機関コードの調査したいと話す友人はとても魅力的な女性だと感じました。
そのお陰もあり、今では現代画報社 ビジネス雑誌を読む方にも、分かり易く解説できるようになったそうです。
報道通信社の雑誌を読んだことが会社をはじめたきっかけになったそうです。
[ 2011/07/29 01:01 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<報道通信社 経済誌 使えると評判の・・・ | ホーム | 報道通信社 経済誌 ジョージ・ホッツがFACEBOOKに入社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1314-c78fb973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。