FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 医療と薬
先日のニュース番組で、東日本大震災の情報から放送されて
いました。その中で「インフルエンザ患者が増えつつある」
というような報道がありました。
避難している学生たちも「自分は感染した」という話を
インタビューで答えていました。
インフルエンザに関しては、以前に雑誌「現代画報」にも
載っていたように記憶しています。
やはり、多くの人がひとつの場所に避難生活をしていること
もあって感染しやすいのかもしれません。
被災地に医者や薬は足りているのでしょうか。それが心配に
なりました。
インフルエンザに限らず、持病を持っている人や避難生活中
に体調を崩される人も多いでしょう。体調を整えるためにも
医療や薬などの対応も重要ですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポンを発見
[ 2011/03/25 00:24 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 菅笠が人気に | ホーム | 国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 非正規教員の数>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1240-e1c1136e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。