FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
月刊報道ニッポン ルーブル美術館
現代画報には「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」という記事がありました。


 私も一度だけ、ルーブル美術館は訪れたことがあります。ロンドン、ローマ、
パリを周遊するまさにトランクを開けたり閉めたりの駆け足旅行。ルーブル美術
館見学も本当にわずかの見学でした。

 「モナ・リザ」が目の前にあるのに、なぜがガイドさんは「モナ・リザ」の前
を素通り。なんで?あとで戻ってきて説明してくれるのかと思いましたが、行列
はどんどんモナ・リザから離れて行ってしまいました。

 一応の説明が終わってのわずかなわずかな自由時間に、モナ・リザ見たさに引
き返したのですが、あまりの遠さにバスに乗り遅れそうになってあきらめ、引き
返してバスまで全力疾走!本当に残念な思い出です。
 さすがは「全部見ようと思うと最低1週間はかかる」と言われるルーブルです

 
 ルーブル美術館の正面にあるガラスのピラミッド、あれも、2009年で20
年を迎えるのだそうですね。

 大ベストセラー小説から映画化された「ダ・ヴィンチコード」。キリストの末
裔が登場することで、カトリック界から抗議を受けたり物議を醸しましたね。
 ラストで、トム・ハンクスがガラスのピラミッドを背に、片膝をつき祈りをさ
さげるシーンが印象的でした




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポンへの思い
現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業
[ 2011/02/13 23:10 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<月刊報道ニッポン たま電車 | ホーム | 国際ジャーナル月刊誌 ホットスイーツ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1211-8290abda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。