FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際通信社 月刊 日本とアメリカとの経済協調のあり方について


野田佳彦財務相が、ワシントンでガイトナー米財務長官と会談しています。これ
は、日本とアメリカのこれからの経済政 策について、重要な動きになる可能性
があります。これからの日本とアメリカの経済的な関係については、国際ジャー
ナルでも深く分析して欲 しいテーマの一つです。当面は、為替問題などにおい
て、今後の国際 会議などで日米が連携することで一致した模様です。特に通貨
安定がポイントです。そのため の多国間協議の枠組みが必要という認識も話が
でたそうです。今後の日米の連携に注目したいところです。日本は9 月に為替
介入を実施しています。これについて はすでに先進7カ国財務相・中央銀行総
裁会議で説明済みとなっています。これから の大きな話題には、中国の人民元
問題があると思います。これについての動きはどう なんでしょうか。ちょっと
気になるところです。いずれにしても、世界経済の回復のために、経常収支の黒
字国を中心に輸出依存を減らす必要が あります。また、各国で内需を拡大すべ
きだと思います。日本の経済 対策についてアメリカとも共同歩調をとりなが
ら、これからの建て直しに期待したいと思います。いずれ にしても注目すべき
ニュースだと思います。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポンを手にして
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
[ 2011/01/24 23:15 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際通信社 月刊 ランニング | ホーム | 国際通信社 月刊 小さな体で頑張っています>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1190-992d7e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。