FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 全国初の裁判員に・・・
裁判員裁判が導入されてから、どれくらいの月日が経ったでしょうか。
今ではもう当たり前のようにニュースや新聞で取り上げられていますが、
導入される前はかなり長い時間を使っての報道がされていました。
そして、国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように思います。

新聞に裁判員裁判の記事が載っていました。
栃木県栃木市の実家で、当時55歳の父親を刺殺して、実家を放火したとして
殺人罪などに問われた埼玉県三郷市の23歳男性の裁判員裁判の判決が9月9日
に宇都宮地裁であり、懲役15年が言い渡されたそうです。

今回の裁判員裁判では、裁判員を務めたとみられている20代女性の英語講師の
話が新聞に載っていたのです。この女性は視覚障害者だそうです。
視覚障害者では全国で初めて裁判員を務められたというのです。
判決後の記者会見で、この女性は「不安が大きかったが「障害者の代表」と覚悟を
決めて参加した」と話していました。そして「障害者もサポートがあれば健常者と
同じことができると多くの人に理解してもらいたかった」とも話していました。
そして審理については「検察、弁護側とも点字訳を用意してくれたので、分かりやすかった」
とのことでした。
健常者、障害者という区別を私はつけたくないと思っています。同じこの世に生まれた
人間ではないですか。サポートが必要であれば、サポートをつければいいのです。
今回の裁判員裁判の記事を目にして私は「どんな人でも参加できる制度であればいい」と
ふと思いました。


ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルで評論
[ 2010/09/13 23:17 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル クイズ番組 | ホーム | 報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 滞納20億円超を強制徴収とは。。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1101-1eb518d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。