FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 宇多田ヒカルさんが活動休止
テレビや新聞など、大きく取り上げられた記事があります。
それはシンガーソングライターの宇多田ヒカルさんが来年から音楽活動を
休止することを8月9日、公式ブログで電撃発表したということです。
休止期間については明言せずに無期限休止ということになるそうですが、
引退は否定しているということです。
「これ以上進化するためには、音楽とは別のところで人として成長しなければ
なりません」と説明していたということです。年内は活動するそうで、秋には
ベストアルバムが発売されるそうです。

宇多田ヒカルさんは1988年、15歳でデビューしてから12年もの間、
音楽漬けの毎日を「音楽に専念できるように、過保護に守られた生活」と振り返って
いるそうです。その結果、人として大事な部分の成長が止まっていると判断した
といいます。現在、宇多田さんは27歳、衝撃的なデビューからそんなに時間が
経っていたのか・・・と私は驚きました。

人として成長するために・・・というご自分なりの考えは立派なものだと思います。
きっとファンの人たちも復帰を待ってくれることだと思います。
宇多田さんのコメントを見て、国会議員のみなさんにもぜひ「人としての成長」を
していただきたいと思ってしまいました。国際通信社より発行されている雑誌にも
政治や国会に関する記事が様々な内容で紹介されていたように思うのですが、
自分たちだけのためではなく、国民のための政治を目指して国民の目線に立つことが
できるような議員を目指していただきたいと思います。話が変わってしまいましたが。


経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社
nownews.bex.jp
[ 2010/08/14 00:25 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際ジャーナルと現代画報の特集記事 ケミストリーな未来を担う | ホーム | 国際ジャーナルと現代画報の特集記事 食中毒>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1085-81a7a497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。