FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国際通信社グループの現代画報の対談記事 表現の自由とある映画の関係


アカデミー賞では、日本のイルカ漁に対するドキュメ ントが賞をとっていま
す。国際ジャーナルでは、日本のイルカ漁に対する論評をどのように考えている
か、興味があるところです。この和歌山県太 地町のイルカ漁を批判的に描いた
米国のドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」ですが、日本における上映に対し
て、反対をする声が強くなっていま す。そのため一部で中止に追い込まれた事
が話題となっています。実際のところ上映を予定していた東京、大阪の映画館で
は、右翼などの抗議を恐 れたのでしょうか、今月初めに、相次いで上映断念を
発表しています。この問題は、表現の自由という観点からは、どのように考えれ
ばいいので しょうか。反対側の意見としては、映画の内容が反日的だと主張し
ています。映画の配給元の社長宅や事務所に対して抗議活動が繰り返されている
そうです。その一方で、3館と別の全国22の映画館における上映も決まってい
るそうです。内容的には問題がある映画なのかもしれません。しか しながら、
あまりにも行き過ぎた抗議によって、その上映を妨害するという動きもどうなの
でしょうか。もし問題があれば、もっと違った形で国際 世論に抗議できるよう
なことが、これからは求められているのかもしれませんね。




経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています
[ 2010/07/02 08:49 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<国際通信社グループの現代画報の対談記事 振り返ると | ホーム | 国際通信社グループの現代画報の対談記事 これからの日本のビジネスパーソンの状況>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1056-7386cd89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。