FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
現代画報社の現代画報の対談取材 カフェの建物
現代画報」の表紙には世界遺産がよく使われています。京都の清水寺も登場し
ました。
 京都の場合、「古都京都の文化財」として、京都市と宇治市、滋賀県大津市に
の寺院などの総称を指します。これらが世界遺産として認定されているので、京
都は町じゅうが世界遺産というわけですね。

 古都とはいえ、千年以上首都として機能してきた大都市ですから、流行や新し
いものにも敏感です。

 レトロモダンな近代建築が多く、カフェの建物もそういうものが多いです。フ
ランソワやソワレなどはその代表。多くのファンを集めています。

 新しいところでは、「遊形 サロン・ド・テ」「IYEMON SALON サントリー 」祇
園の「OKU」が、現代京都のカフェ御三家、などというそうですよ。
 
 「IYEMON SALON サントリー 」「OKU」には入ってみましたが、、「遊形 サ
ロン・ド・テ」はまだ入ったことがないのです。

 こちらは京都では老舗中の老舗「俵屋旅館」グッズを売る「遊形」がプロデュ
ースするお店なのですが、なんとわらび餅セットが1人前2200円!

 ちょっと高くて、二の足踏んでいます。

 でも、俵屋旅館のホスピタリティというのはつとに有名。宿泊したことはない
のですが、俵屋グッズの石鹸はよく買います。とても素敵な商品が多いので、こ
れをプロデュースするお店が出すわらび餅…。いつか食べてみたいです!
 




現代画報 紀行
報道ニッポン | 報道通信社 | 働くということについて 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
[ 2010/06/24 22:09 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<現代画報社の現代画報の対談取材 名古屋場所、どうなる | ホーム | 現代画報社の現代画報の対談取材 ファンモン、モン吉結婚>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1052-3721d255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。