FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
現代画報社 来春に向けて
国際ジャーナルに「花粉が人を救う!?」という記事が出ていて飛びつきましたよ。今年も花粉に苦しめられた人間としては聞き捨てなりません。なんでも花粉症の原因物質をあらかじめ口から投与すると、7割の人で花粉症の症状を抑えられたとの研究結果を東京都が去年発表したのです。これは花粉症を引き起こす抗原を体内に取り込んで身体を慣らし、免疫反応を抑える「減感作療法」の一つなんだとか。口から入れるのか・・鼻から入れたらすごいことになりそう。。ま それはさておき、日本人の慢性病になってしまった花粉症ですが、いつまでもやられっぱなしではないってことですわ。日本の医学をなめるなよ!あ 医学だけではなく、植物学とかも関係してくるかもしれませんね。
あと、やっぱり杉の伐採。多摩地区に広がるおよそ2万ヘクタールの杉林は首都圏に花粉を撒き散らしてますから、こいつをバッサリやってほしい。現在日本の山に植わっている杉の多くが人工的に植林されてきたものですが、林業の衰退によって手入れが行き届かず、もともと根を深く張らない杉林の表層は緩んで地滑りを起こしやすい土壌になっているという指摘もあります。でも、あんまり伐りすぎると山の生態系が崩れちゃいそうなので、そこが難しいところですよね。伐りつつ植樹するにしても、そんなに簡単には育たないでしょうし。
とはいえ、今年は終わりの見えたスギ花粉飛散(まだブタクサとかありますが・・)。喉もと過ぎれば花粉忘れず・・ではなく、来春に向けて更なる花粉研究は続きますね。期待してます!



iceland.bex.jp
bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 報道ニッポンとの出会い:報道通信社|マクロビオテック 国際ジャーナル 国際通信社の国際ジャーナル 画報社|見えない努力: 見聞画報 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 wiki 国際ジャーナルの求人 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルからの掲載企業 OJTによる社員教育について: 国際ジャーナル ... 現代画報のグラビア雑誌
[ 2010/05/13 22:48 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<現代画報社 地域ぐるみの対応をきちんとしていただきたい | ホーム | 現代画報社 火山灰の影響>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kokusaibungei.blog6.fc2.com/tb.php/1009-31d76ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。