FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
トップフォーラム 雑誌 物の数え方
ある日のこと。TVで「物の数え方」を紹介していました。番組内で「バナナは1ぽん、2ほんと
数えます」とまず説明しました。その後「バナナは木になる食べ物です。1ぽん1ぽんがまとまって
木になります。その場合、まとまったバナナを数えるときには1ふさ、2ふさ。バナナを食べようと
1ぽんのバナナを包丁で食べやすく切った場合は、1きれ2きれと数えます。物の数え方って

色々あるんだよ」と説明していました。私の子供は物の数え方にも色々あることが不思議でならな
かったようです。
次に「トリは1わ、2わと数えます。トリが産んだ卵は1こ、2こなんだよ」と説明しました。

その放送が流れた日の晩御飯が「唐揚げ」だったのです。私と子供2人分で15個ほど用意したと
思います。子供が唐揚げを「1わ、2わ」と数えだしたのです。私はなんて数え方をするんだろうと
びっくりしたのですが、朝に「トリの数え方は1わ、2わ」とテレビで流れてたことを思い出したの
です。どうやら、子供はその部分を覚えていたようです。「唐揚げは鶏肉を使ってるけど、唐揚げ
を数えるときは1つ、2つでいいよ」と言っても「トリは1わ、2わじゃないの?」と「1つ、2つ」
と数えることが納得いかない様子。正直、困りました。

物の数え方は、様々です。大人になった今でも、「これはどういう数え方をするんだろう」と思う
時があります。
テレビで紹介されていた、「バナナ」をとってみても、バナナの状態で数え方が変わります。
これを、子供に理解させるのにはまだまだ時間がかかりそうです。
私もうまく説明ができるように、勉強しなくてはなりません・・・。



元々は通っていた大学があったこともあり、図書を探していたそうです。
普段から国際ジャーナル ビジネス雑誌を読むなどして日経平均先物についても勉強しています。
報道通信社 月刊誌が発行する報道ニッポン 雑誌は、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事が掲載されています。
半年ほどしてから国際ジャーナル 月刊誌でみつけた観光地を新婚旅行を兼ねてツアー満載の旅行に1週間ほど行ってきたのだそうです。
そのうち、知人の結婚相手の男性の話になりました。
他にも、国際通信社グループにある場所で、訪問した事もあるらしく、知人を尋ねる為に大阪へ行った際には一緒に企業を回ったそうです。
私の知人に有名メーカーと取引している会社で営業をしている方がいるのですが、その方からも色々な事を教えてもらいました。
結婚を控えているとあって、親友は国際ジャーナル 雑誌に載っているモデルのように綺麗でした。
料金と言うものは案件によって値段の相場が大分変わってくるようで、このような場合には値段が高く付くと言った話や、値段として比較サイトが安価に済むといった話などが聞こえてきました。
待ち合わせ場所に向かうと友人はもう着いており、手土産を渡すととても喜んでくれました。
[ 2011/09/30 08:47 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
リーダーズ・アイ 雑誌 ビジネスマンの情報整理術
この前読んだトップフォーラムには、情報の整理術に関する記事が載っていまし
た。どうやってあふれるような情報を整理するかは、ビジネスマンにとっては永
遠の課題なのかもしれませんね。例えば、「仕事が忙しくて整理なんかやってい
る暇はない」、そんな人は多いんじゃないでしょうか。一方、仕事ができるとい
われる人は、この整理に時間をかける事によって成果を出しているといいます。
まずは考え方を変える必要があるようです。仕事をこなすだけではなく、仕事の
質を改善して、効率を上げること、そのために整理術が必要であると考えるのは
どうでしょうか。例えば、書類をファイルするファイル用具一つをとっても、様
々な種類があります。活用方法によっては、机の上や引き出しを、ずいぶんすっ
きりさせる事が可能ですね。整理術については、ネットでも書籍でも、色々な方
法が紹介されていますので、まずはその様な情報を調べて見るのはどうでしょう
か。例えば、今使っている手帳を見直してみるとか、使い方を勉強してみるだけ
でも、仕事の効率がずいぶん変わってくるかもしれません。人それぞれ仕事の進
め方は違いますが、効率化を進める方法については、もっと情報収集が必要かも
しれませんね。






友人とは十数年来のお付き合いだそうで、友人の結婚披露宴にもご出席なさっていたのだそうです。
国際ジャーナル 時事ニュースで政権のニュースが取り上げられていました。記事にあるように国民の為になる政治を行ってもらいたいものです。
もうすぐご友人の誕生日とのことで誕生日プレゼントは どのようなものが嬉しいのかなと悩んでいるようで、相変わらず友人思いだなと思いました。
企業家同士で名刺交換がサイトでできると報道ニッポン 異業種ネットで紹介されていました。ビジネスへの次の一歩として気になるサイトです。
何が良いのか迷っているという事もあり、手助け出来ればと友人でも調べた結果、耳にする事も比較的多い国際通信社グループはどうかと話を出してみているのだとか。
そういえば、親戚の頼みで大阪 不動産を調べた時に、雑誌のコラムで株についての事柄が書かれていました。
報道ニッポン 月刊を作成していると言われた際に、お手伝いの意味も含めて情報を一緒に探したそうです。
またあまり耳にする機会の少ないリニューアル仲介という話に関しても教えてもらいましたが、なんでもリフォームと物件代金が一緒に住宅ローン 大阪で支払えることだと感じました。
一度そのサイトを拝見させて貰ったのですが、そこには様々な会社の情報が簡単に見つかり、それ以外にも、経営者の方のプロフィールも作成してあり、とても利用しやすい印象でした。
説明が分かり易いことは勿論なのですが、このザ・ヒューマン 取材内容にいつも驚かされます。
[ 2011/09/30 00:55 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
東北の郷土料理でにぎわいを
東日本他大震災の被災者を支援するイベントが、大阪市中央区で開かれたそうです。
東北の特産品販売会のほかに、関西に避難する被災者らが作った東北の郷土料理
「芋煮」などが振舞われて大勢の人でにぎわったようです。
収益は東北の岩手、宮城、福島の3県に寄付されるのだそうです。
被災者が作る郷土料理コーナーでは、参加者が並ぶほど盛況だったそうです。
こういったイベントが、被災者のみなさんの心を明るく、そして元気にしてほしい
ですね。


当時は外壁塗装に関して詳しく知らなかったので、色々な塗装があってとても勉強になりました。
企業家同士で名刺交換がサイトでできると報道ニッポン 異業種ネットで紹介されていました。ビジネスへの次の一歩として気になるサイトです。
少し駅からは離れてしまうが間取りや外観が気に入った賃貸も気になっているそうで、時間を作って実際に見に行って決めたいと話していました。
知人の娘さんはまだお若いのですが、お仕事をしながら、定期的に異業種交流会 大阪に参加をなさっているそうです。
つい最近外壁塗装 大阪で就職が決まった友人が、見学に行くので帰りに会わないかと誘われ、久しぶりに顔を合わせる事になりました。
ネイルケア 大阪にも使用されている素材で、更に進化させた素材を取り入れてネイルを行っているので、潤いを感じれそうだと話していました。
その友人と久しぶりに会う事になったので、手土産でも買っていこうかと思い駅前に向かっていると、友人が以前利用した事のある報道ニッポン 雑誌の広告を見かけました。
可愛い名前のこのサービスは口コミでも評判だそうです。
報道ニッポン 特集でも、企業体質を改善する事が大切になってくるようで、どんな改善をしたら良いのかの話も出ていました。
色々な物件を参考にした友人は、通勤の事も考えてアパートに決めようかと考えていたそうです。
[ 2011/09/29 01:36 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
あの世への門
暦の上では立秋、処暑と、秋を告げる節目を迎えてはいるものの、まだまだ猛暑
が続く日本列島。

しかし夏至からほぼ2ヶ月、間違いなく日は短くなってきています。

京都では、8月16日のお盆の精霊の送り火、五山の送り火を過ぎると秋が来る
、と言われています。

「大文字」の大の字が一番有名ですが、これは京都東山の如意が岳の大文字山に
ともります。

如意が岳の大文字に対して「左大文字」と呼ばれるのは、北区の金閣寺近くにあ
ります。

このほか松ヶ崎の「妙法」、西賀茂の船山の「舟形」嵯峨の曼荼羅山の鳥居本を
合わせ、「五山の送り火」と呼ばれています。

私も2度ほど見物に行ったことがあります。1度目は洛中からタクシーを駆使し、
各山の点火時刻に合わせてできるだけ多くの送り火を見られるスポットに移動す
るという忙しいのでした。

嵯峨の「鳥居形」は、有名な嵯峨野、渡月橋の近くの河原から眺めたのでしたが
、真っ暗な山に、文字通り鳥居の形が浮かび上がる姿はなんだか怖くもあり、本
当に幻想的でした。

鳥居の形があの世への門のように思われ、お盆の間この世に還ってきていたお精
霊(おしょらいさん)達が、そこをくぐって冥府へと戻っていくような錯覚に陥
ったものです。


現代画報2010年8月号の記事に「夏の風物詩 京都の五山送り火」とありまし
た。今年の送り火はもう済みましたが、京都に秋はもうきているでしょうか。




友人は、現在でも、休日は近くのゴルフ場の予約を行い、ゴルフに出かけたりしていると話していました。
友達はデジタル一眼を取得しようと雑誌でみたD3100 200mmがよさそうだと話していました。
気がつくとすっかり日も暮れていたので、友人と別れ、電車に乗りました。
ザ・ヒューマン 企業を見ていた時には、知り合いの企業が紹介されており、それ以外にも気になるリフォーム業者・カーショップの企業など取材記事を目にしました。
中でも、不動産 大阪 賃貸で得たマンション・アパートがとてもよい情報だったそうです。
身体の外だけでは無く、内側からも気を遣いシミやそばかすが出来ないようにしている事に驚きました。
確かにその日初めて会った人の印象を大きく分けるのはその人の笑顔だと思えるので、いざこういった出会いのチャンスの場の為に練習するのも良いのかもしれませんね。
報道通信社から出版されている報道ニッポン 企業家が紹介されています。明日の日本を支える中小企業経営者のための紹介が豊富です。
どうせなら目的地のあるドライブがしたいと言って、少し自宅より遠い場所に位置する初心者コースも利用できるゴルフクラブ 大阪に通っているのだそうです。
この方はこれまでに報道通信社 雑誌を手掛けてくれる会社に勤めていた事もあるそうで、出版に関しては友人よりも詳しく大量の印刷をしなければいけなかった際に手助けをしてくれたそうです。
[ 2011/09/26 09:31 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) |
驚くべき調査結果
米国で10代の若者の難聴が急増しているという調査結果が、
米国に医学会誌に発表されたそうなのです。

調査を実施したある博士は、12歳~19歳の若者の難聴比率を
1990年半ばの統計と比較したそうなのです。
その結果、軽度の難聴にかかっている若者の割合は30パーセント
増えて、会話に支障がみられる程度の重い難聴は77パーセントも
増えているということが分かったのだそうです。非常に驚きました。

原因はまだ究明されていないということなのですが、音楽との関係
についてはさらに研究を進める必要があるということを専門家は指摘
しています。2005年から2006年の調査では、大音量で音楽など
を聴くことが週に5時間以上あるかどうか尋ねる項目も盛り込まれたそうです。
ですが回答者が重大性を理解していない、またはロックコンサートなどの
大音響はこの世代にとってごく普通になっているという理由で「いいえ」
と答えた若者もいるかもしれない・・・と調査した博士は話しています。

電車乗っている時間や歩いている時間帯にでも常に音楽を聴いている人は
多いと思います。音楽というのは非常にすばらしいもので人の心を落ち着かせ
たり優しい気持ちにさせたり・・・というものだと思うのです。
ただ、聴く際に音量の調節をする必要があるのかもしれませんね。
私はそう思いました。




今から念願のe-p3を手に入れたそうで、今から旅行に行くのが楽しみだそうです。
確かその時は、保険代理店に勤める友人の計らいで、生命保険を手配してもらったと記憶しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成されています。
友人が購読している雑誌は初心者の方から分かり易く作られており、国際ジャーナル 月刊で紹介される企業は目を見張るものがあります。
様々な分野の知識が豊富な方で、本人が利用していないCorei7 ノートの相談にも応じてくれました。
国際ジャーナル 時事ニュースで政権のニュースが取り上げられていました。記事にあるように国民の為になる政治を行ってもらいたいものです。
事もあり、現在も時間があれば鑑賞をしているようです。
対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気取材企画「地域に生きる人と企業」が国際通信社グループの参考になりました。
お話中、取引先の方が煙草に火を付けた際、お相手の男性の方から一緒に定期検診を受けませんか、と誘われたことがあるそうです。
住み込む側としてその要望が通るかは分かりませんが、もしかすると賃貸物件を借り上げしている業者への依頼次第でそういった要望にも対応してもらえる事もあるのかもしれません。
[ 2011/09/25 01:47 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。