FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル モミジとカエデ
山から町へ、だんだん紅葉が下ってきましたね~。街路樹だけですが十分目を楽しませてくれてます。報道ニッポンに「季節の色──中秋 カエデ」という記事が載っていたので、そういえばカエ
デとモミジって何が違うんだろうと今更ながら調べてみました。日本で代表的なカエデというのは、イロハモミジのことなんですね~。知らなかった;;植物分類上ではカエデとモミジは一緒なんですよ。へええ。盆栽の世界では区別があるみたいで、イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなどの葉が五つに分かれているのをモミジ、トウカエデのように三つに分かれているものをカエデというらしいです。これも地域によって違うみたいですが。カエデの名前の由来も面白くて、葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それがなまってカエデになったんだそうです。知らないことが多いわ。好みで言うと、カエデの方が好きかな~。漢字の方がより美しい感じがします。楓・・木へんに風ですから。なんだか風情がありますよね?息子の友達に紅葉と書いて「くれは」と読ませる名前の子が居ますが、すごく可愛くて、名前負けしてないなあと思います。楓は名前負けしてませんね。本当に、日本の秋を彩ってくれる美しい木です。



現代画報を見つけて
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
[ 2010/11/30 23:37 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 最近の携帯電話のトレンド
このところ、アップルから新しい製品が発表されるなど、携帯できるITツール
はますます盛んになってきています。このあたりの動向については、国際ジャーナル
でも分析をしてもらいたいところです。近頃ですがタッチパネルで操作する
ケータイが身近になってきている感じがありますね。これはどうしてでしょう
か?タッチパネルを搭載する携帯電話は、これまでもありました。ですから特に
真新しさがあるわけではないようです。最近話題になっているアイフォンのタッ
チパネルが、その原因かもしれません。特にマルチタッチといわれる機能が評価
を得ているみたいですね。画面上の画像に対して、拡大、縮小、回転などの操作
がとても楽になっていますから、2本の指を使うだけで簡単に作業を行えるとこ
ろがいいみたいです。タッチパネルの用途は、携帯電話・スマートフォン用が過
半数というのが業界のデータのようです。やはり、成長している産業機器につい
ては、次から次へと新しいテクノロジーが使われて発展していくのかもしれませ
ん。ポータブルゲーム機用も主力製品です。いずれにしても、タッチパネルの将
来性については、これからもマスコミのニュースなどについて注目していきたい
と考えています。







iceland.bex.jp
太陽光発電
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
[ 2010/11/30 00:49 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 病院内に娯楽室
重い病気と闘う子供たちが入院する大阪府立母子保健総合医療センターは、中学・高校生の
年代の患者が、闘病生活のストレスを解消して心身をリフレッシュできるようにと、娯楽室
をオープンさせたのだそうです。これは、先日の新聞に載っていたものです。

このセンターによると、用事向けの娯楽室は普及しているそうですが、思春期の患者向けは
国内初めてだということです。
今後は、専従スタッフを置いて、陶芸教室やパソコン教室などを開く予定で、利用した患者
からは「長い病院生活の中で楽しみができた」と好評だそうです。

この病院にはさまざまな病気の10代の患者が約25人入院しているということです。その中に
は長期入院を余儀なくされている生徒もいるということです。1981年の開院当時から幼児向け
の娯楽室はあったのですが、10代の患者が病室以外でくつろげる場所はなかったのです。


精神的にも大きな変化を迎える思春期の患者にも気分転換できる施設が必要であるということ
と、子供の医療環境改善に取り組むNPO法人の協力などを得て、設置を進めていたのです。
約2ヶ月間入院しているという中学3年の男子生徒は「たくさん漫画があって、病室にいるより
楽しく気晴らしになる」と新聞取材で笑顔で話していました。

病気と闘う毎日でも、やはりリフレッシュは必要だと思います。リフレッシュすることで、精
神的にも落ち着きが出てくるのではないかと、私は感じたのです。今では、ゲームやテレビでも
数多くの番組が放送されていますが、人とのふれあいも大事だと思うのです。
心をリフレッシュさせながら、頑張っていただきたいと思いました。




報道ニッポン再発見
国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
[ 2010/11/27 23:11 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 学んだ漢字、覚えていますか?
新聞に載っていたのですが、政府が11月24日に29年ぶりの見直しとされる
改定常用漢字表について、30日付の官報で内閣告示することを閣議決定したということです。
改定常用漢字表は、1981年に制定された1945字の常用漢字表を情報化時代に対応
させる形で見直したものだといいます。

内閣告示後は、現行の常用漢字から使用頻度の低い5字を削除し、そして196字を追加
した2136字が使用されるということです。

常用漢字表の見直しは、パソコンや携帯電話による「変換」で多くの漢字が使用できる
ようになったことを背景に2005年から文化審議会で始まったのだそうです。
書籍やインターネット上での使用頻度に加えて、多くの熟語で使われる字を中心に選ばれて
一般からの意見募集などを踏まえて追加する漢字を決めたそうです。

漢字といえば、ここ最近テレビのクイズ番組で漢字の書き取りや読みを当てるという内容の
ものがいくつかあるように思います。
そういった番組を見ていると、「見たことがない」と思ってしまうような漢字が出題されたり、
「習ったはず」と思う漢字でもなかなか思い浮かばない・・・ということが多々あります。
やはり携帯電話を使ったりパソコンを使う機会が多く、文字を書くという機会が少なくなった
からなのでは・・・と私は思っています。
国際通信社から発行されている雑誌にも様々な内容で載っている「教育」。学校に通って
「教育」を受けたにもかかわらず、忘れてしまう・・・というのは非常に残念なことだと
思ってしまいます。文字を書く機会が増えれば・・・と今、考えています。


経済情報誌 報道ニッポン 2009年2月号のご案内 | 報道通信社
yahoogoogleseo.awe.jp
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[ 2010/11/27 10:21 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 詐欺と言われないように
以前から気になっていた大型ペットショップに行ってきました。熱帯魚の品揃え(?)が豊富だと友人から聞いて、行ってみたいとずっと思っていたのです。でもね。。いや これがすごかった。世の中いろんな趣味の人いるんだなと改めて思い知らされました。。
こちらのお店は熱帯魚や金魚、犬猫、爬虫類や小動物、の3つの分野で建物が分かれていて、それぞれがかなり広く、扱っているペットの種類も数もアイテムも桁外れに多かったです。まずはお目当ての熱帯魚を・・と思って、足を踏み入れた入り口横の水槽に度肝を抜かれました。ものすごくでっかいナマズがべったり水槽に張りついているんですよ~。口の中とか丸見えで、かなりキテました。。でもこんなのは序の口で、アロワナやら古代魚の親戚のやたらでっかい魚やグロテスクな顔した魚がうようよと・・。金魚もね、らんちゅうとかすごいんですよね、ビロビロブクブクしててね、好きな人にはたまらないんでしょうけど。
爬虫類館はもっともっとキテました。まずグリーンイグアナの巨大さに圧倒され、ヘビ、トカゲ、カエル、甲殻類、昆虫にゴキ・・。子どもらは結構喜んでたけど、母は夢に出てきそうで気分が悪くなってきた。と、横に、変わったトカゲを品定めする若いカップルが。。女「この子かわいい~」男「仲間に入れてあげようか?」女「そうだね、○○ちゃんたちが喜ぶね!」って、アンタの家にはこんなのがウヨウヨしてんのかい?!とツッコミ入れたくなりました。
でも、このカップルの場合、少なくとも「隠れた趣味のせい」で別れずに済みそうですよね。婚カツ婚カツうるさい昨今ですが、後からこんな人だったなんて!結婚詐欺だ!ってならないように、トカゲが好きな自分ごと好きなってくれる相手を見つけないと(苦笑)。





気ままな現代通信
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
[ 2010/11/26 00:14 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル オリーブと二十四の瞳とソフトと
報道ニッポン10月号の地域特集は小豆島ですね。小豆島というと、オリーブ、二十四の瞳の舞台、島の光そうめん、ごま油などが頭に浮かびます。観光地というイメージはあまりなかったのですが、どうしてどうして、観光が地域産業の要にもなっているんですね~。この時期なら、寒霞渓ロープウェイ が有名な紅葉スポットになっていますし、二十四の瞳映
画村には5万本ものコスモスが咲き乱れ、緑色のオリーブの実がたわわに実っているのを見ることが出来ます。島ならではの美しい夕日が見られるスポットもいいなあ。小豆島の中の一つの島である土庄町余島にある、干潮時だけに行き来できるエンジェルロードも面白そうです。
小豆島が全国一の生産量を誇るオリーブは、2008年に植栽100周年を迎えました。そんなに歴史があったなんて正直驚きです。小豆島産のオリーブオイル、すごく美味しそう。香りが良いんだろうなあ。特にエクストラバージンは美味しそうだわ。。200mlで4000円近くする。。高い(苦笑)。でも、貴重なエクストラバージンだから、これぐらいしちゃうんでしょう。オリーブの他に個人的に気になったのは小豆島オリジナルのソフトクリームです。オリーブソフト、しょうゆソフト、佃煮ソフト(!)。佃煮ソフトはシソ昆布の佃煮の煮汁が混ぜ込んであって、おまけに星形とかにくりぬいた昆布が添えてあるんですよ。ダイレクトに昆布!食べてみたい~!



月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am
[ 2010/11/24 23:25 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 水道水
国際通信社国際ジャーナルに、「水」に関しての記事が紹介されていたように記憶しています。
先日、あるテレビ番組で「あなたは水道水を飲んでいますか」という質問を街中でインタビュー
をしていました。すると7割の方が「飲んでいない」と答えたのです。
理由は「おいしくない」「何か気持ち悪い」「何か水の中に入っているかもしれない」「汚い
イメージがある」などの理由でした。
私も実は水道水の水は飲むことはありません。ただ、料理や洗顔などには水道水を使います。

「飲み水」として現在、売れ筋を伸ばしているのが「ミネラルウォーター」だそうです。

「非常用」として家に確保しておくのはもちろんのことなのですが、普段の飲み水として必ず
冷蔵庫に入れておくのが「ミネラルウォーター」という方が少なくはないようです。

また、スーパーでは「水」を入れる装置が設置されている所が多くなったような気がします。
水を入れる容器だけ購入し、水は入れ放題というシステムのようです。
料理でも水道水を使わず、スーパーの「水」を使って料理をする、お茶を沸かす、お米を洗う
という方も実は多いようなのです。
私はそのシステムは利用していないのですが、近所の大手スーパーでは水を入れる容器を4本
ほど家から持ってきて、4本とも水を満タンにしている方もいらっしゃいます。
一体、どんな目的で使うんだろう・・・と思いながら見ているのですが・・・。
ちなみに、私の知人はその大手スーパーからの水を普段の飲み水として利用しているそうです。

ひと昔前ですと、「水道水を平気で飲む」という方が多かったように記憶しているのですが、
時代の流れとともに水道水を飲む方がかなり減っているようです。
私も子供の頃は平気で水道水を飲んでいたのですが、今は飲まなくなってしまいました。

私の時代の流れに沿って生きているんだと感じた特集でした。



国際ジャーナル 国際通信社発刊
報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む
[ 2010/11/23 20:34 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 中国からの観光客の貯蓄について
先日、久しぶりに都内をぶらぶらしてみました。最近では国際ジャーナルでも報
道しているように、中国からの観光客がたくさん来日しているのを実感すること
があります。特に、家電量販店などで見かける外国人の姿もすっかり普通のシー
ンになっているのではないでしょうか。これはフランスでいえばパリのエッフェ
ル塔ですし、アメリカならニューヨークで自由の女神という具合に、日本での観
光名所なのかもしれません。海外の行きたい場所はたくさんありますが、自分の
家の近くですと、なかなかわからないところもありますね。最近の中国人は貯蓄
額も増えているのでしょうか?これが海外旅行の増加と関係があるのか、ちょっ
と気になるところですね。多く貯め込んでいる家族ほど、海外旅行などの贅沢は
していないのかもしれません。中国の富裕層とはよく言われますが、要するに、
少数の大金持ちのことなんでしょうか。それとも庶民がお金を持つようになって
いるのでしょうか。このあたりの実感は、まだわからない点もありますので、国
際ジャーナルでも取り上げて欲しい話題のひとつではありますね。いずれにして
も、中国からの観光客は、これからも増えていくのは確かなことではないでしょ
うか。







国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
ジャーナルライフ
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
[ 2010/11/23 17:41 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 選ぶことの楽しさを
先日、小2の息子が通知表を持って帰ってきました。住んでいる市では2学期制を取っているので、こんな中途半端な時期に通知表を渡されてきます。まあ2学期制は認めるとしても、夏休み前に見せてくれたら休みの間に家庭で指導できるのに、と思います。これをフォローするために、夏休み前に面談があるのですが、先生によってやり方が違うのか家庭学習に期待していないのか、とにかくあまり指導的なことは話してくれません。
で、この通知表がまた大雑把なのですよ。。A・B・Cの三段階評価、行動のようすという項目も特出しない限りは評価なし、というどこまで信じたらいいのか分からない通知表です。しかも、先生曰く、Bの範囲は大変広いのであまり気にしないで下さい、Aは滅多に無いのでたくさん褒めてあげて下さい、とのこと。限りなくAに近いBもあれば、CになりそうなBもあるということだそうです。・・はあ、それじゃあよく分からないじゃないの!と言いたいけれど、先生も大変
なんだよねえ・・と抑えて抑えて。とりあえずCが無ければいいかと思う程度の判断にしかならないわけです。
国際ジャーナルでよく教育についての特集が載っていますが、ホント、今の教育は、親世代が受けてきた教育とは違うものなのでしょう。まずはそこを理解しないと、「なんでこんなことになってるの?」と憤ったり困惑してるだけでは、先に進まないようです。
それに、教育現場だけが問題ではないんですよね。昔と違って物と情報が溢れかえっているのは当然なんですが、実はもっと手段や方法が自由になっていいはずだと思うのです。選択肢がこんなにいっぱいあるのに、それを選ぶことが出来ない、選んでもらわないと何も出来ない子が増えているのでしょう。漫画を読むことが出来ない子が増えているんだそうです。コマをどうやって読めばいいのか分からない、と。読める人間からすれば、どうして?と思うのですが、
要するに発想の自由が足りないからかもしれません。連想することの楽しさ、先を読んでいくことの面白さが分からないと漫画は無理です。携帯の1コマ漫画しか読めないようでは、小説や映画を鑑賞できないのは当たり前かもしれませんね。選ぶことの楽しさを、教えてあげたいです。




発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
現代画報の美食探訪を読んで
[ 2010/11/21 22:12 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ストレスを紛らわすために・・・
新聞記事に載っていたのですが、浜松市立小学校に勤務する50歳の男性教諭が、
今年5月頃からドラッグストアなどでワインなどを15回以上も万引きをしていた
ことが分かったとして、市教育委員会は11月15日にこの教諭を懲戒免職処分と
したそうです。

市教育委員会の発表によると、教諭は11月6日に、同じ浜松市中区のドラッグストア
でワインを2本、金額にして計7460円相当のものを持参していたバッグに入れて、
精算しないまま外に出ようとしたところを警備員に見つかって浜松中央署に通報されて、
警察の任意の取り調べに対して万引きしたことを認めたようです。

この教諭は今年の4月から現在の小学校に勤務していたそうです。市教育委員会の
事情聴取に対して、教諭は「新しい学校での仕事になれず、ストレスを紛らわそうとした」
と話していて、他の店も含めて酒類の万引きを繰り返したと打ち明けたとのことです。

子供に様々なことを教える立場の人間が、このような犯罪を犯すというのは非常に
悲しい出来事であり、許すことのできないことではないかと思います。
生徒の中にはこの先生を信頼していた子もいるのではないでしょうか。
テレビや新聞、また周りからも「これはやってはだめ」などと教えられている子も
いたはずです。「やってはだめ」の中に「万引き」も入っているはずなのですが・・・。
ストレスが溜まるのは、どんな仕事をしていても同じだと思います。
決して教師だけが厳しい仕事をしているわけではないのです。世の中にはもっと
つらくて厳しい仕事をしている人もいるはずなのです。
それを犯罪をすることで紛らわしていたというのは悲しい話だと思いませんか?


評判の国際ジャーナル
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
[ 2010/11/20 23:20 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 百貨店
以前、雑誌「現代画報」に「経営」に関する記事が紹介されていたように記憶しています。

「百貨店」は、どのようなイメージを持っているでしょうか。
あるテレビ番組で街頭インタビューが放送されていました。若い年齢層を中心にインタビューされ
ていたのですが、「百貨店で服は買わない」「百貨店は奥様が行くイメージがある」「百貨店には
足を運ばない」という声がほとんどでした。
経営難を理由に閉店した老舗の百貨店がいくつかあります。「閉店セール」が長期間行われていた
のですが、その際には「残念でならない」「寂しくなる」「昔からよく利用していたのに」という
惜しまれる声がありました。この惜しまれる声は、テレビで放送される限り年齢層の高い女性が
ほとんどだったのです。

ある地域では店舗をリニューアルさせている百貨店がいくつかあります。リニューアルオープンす
る際に紹介されるのが、若い年齢層をターゲットにした商品が販売されるフロアが設けられるとい
うことです。
2店舗ほどの百貨店がリニューアルさせているのですが、2店舗とも「若い年齢層にも利用してもら
いたい」という考えがあるようです。ある店舗では、地下1階、2階を若い年齢層フロアにしたとこ
ろもあるようです。

私自身あまり百貨店で買い物をしたことがありません。値段が高いということもあるのですが、
服を買おうにも私にはまだちょっと合わない・・・と思うようなデザインの服が多く販売されて
いたのです。唯一、化粧品を購入したことがあるのですが・・・。

百貨店の中身がどんどん変わりつつあるようです。幅広い年齢層を呼び込む作戦の百貨店が多い
ようです。「奥様が行くイメージがある」とインタビューで答えた年齢層の方も一度足を運んで
みてはどうでしょうか。いいものが見つかるかもしれません。




国際ジャーナル
国際ジャーナル紀行
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
[ 2010/11/20 11:02 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日本人の仕事に対する考え方
休日の時間があるときなどは、国際ジャーナルなどを読んで勉強するようにして
いますが、その他には趣味の時間などをとってリラックスすることに心がけてい
る今日この頃です。最近感じることですが、日本の社会は仕事を休んで遊ぶこと
をあまりいいことではないと考えているところがあるのではないかと思います。
例えば、祝日を休日にしていない企業があるような点はどうなんでしょうか。海
外の事情はどうなんでしょうか。イタリアの1人当たりGDPは日本とほぼ同じ
です。経済的には格差がないと言えます。しかし、暑い夏は、バカンスにでかけ
てしまって、ほとんど仕事をしないそうです。これはどう考えればいいのでしょ
うか。人生にとって大事な事は何かと、考えてみる必要があるのかもしれません
ね。日本全体の活力にとって、また、経済活性化にとって、しっかり遊ぶことは
実は大切なことなのかもしれません。もちろん、どれだけの時間を仕事に費やす
かは大切ですしかしその仕事だけにとらわれてしまっては、生きている意味がな
いとも言えます。海外へ出張する時、空港や飛行機の中で必死に仕事をしている
人を見かける事もありますが、これからの日本人の生き方を見直してもいいのか
もしれません。







マッサージ 大阪
国際ジャーナルの飛躍
[ 2010/11/18 23:26 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル お気に入りとアフィリエイト
よくアフィリエイトで収入アップと言いますが、インターネットを始めて10年以上になるのにイマイチその効果がよく分かってません。国際ジャーナルに「“クリック”してもらえる広告文とは」というコラムが載ってましたが、広告からクリックして商品購入まで行き着くことがそんなに頻繁にあるとはあんまり思えないってことなんですよねえ。自分がインターネット上で買い物するときは、色々調べて、商品比較して・・という手順をかなり踏むので、衝動買いしたことがないからかもしれません。webサーフィンを楽しむように、ネットショッピングを楽しむような人はアフィリエイトから買い物をしてるんでしょうか。勇気あるなあというか、私がまだ古いのか。でも、お気に入りの人のブログからどんどんリンクが繋がって、お気に入りのお店が出来て、という経路はよく踏みます。趣味が似ている人、思考と嗜好が近い人がオススメしたり、実際に使っているものは信頼しますからね。でもなあ、この場合、広告をクリックしているのではなく、リンクをクリックしているわけで。別物だなあと思うのです。収入を見込んで張るリンク(広告)とブログを見に来て・・・譴訖佑亡・瓩燭・督イ襯螢鵐・蓮・磴い泙垢茲諭2漆瓦・㌣気箸いε世蚤腓い飽曚覆襪隼廚Α・匹Δ擦笋襪覆蕁△笋辰僂蟾イ④淵◆璽謄・好箸箴・皺箸縫螢鵐・鯆イ襪里・匹い任垢諭F芦茱汽ぅ箸呂修虜任燭襪箸海蹐任靴隋・・・・・・
現代画報で読み解く
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
[ 2010/11/17 23:25 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 変化に対応する日本企業の動向
これからの日本経済の動向については、国際通信社国際ジャーナルでも議論が行
われています。歴史的に見ても、非常に大きな変革が起きているのは間違いない
のではないかと思います。特に消費者の購買活動における変化は、企業の予測を
はるかに上回ったスピードで進んでいるのではないでしょうか。企業にとって
は、いままでの成功体験が逆に足かせとなっているケースもあるかもしれませ
ん。もっとも、大企業になればなるほど、いきなりの方向転換は難しくなりま
す。規模の大きさを武器としながらも、同時に小回りのきく組織体制を構築して
いかなくてはならない、このようなハードな経営目標を背負った日本の企業は、
これからが試練のときなのかもしれません。最近は、大手の総合スーパーの売れ
行きも大変な落ち込みとなっています。イトーヨーカ堂でさえも、営業赤字と
なっています。これは極めて象徴的な出来事ではないかと思います。大手百貨店
や総合スーパーが業績を落とす一方で、ユニクロ、ニトリ、ABCマートなど、
規模の強みを生かしながらも、専門的な商品に絞っている企業は業績を伸ばして
います。単純に商品を絞り込めばいいわけではありませんが、これも最近の日本
経済を表す現象なのかもしれません。







現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社
国際通信社のネタ
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[ 2010/11/16 00:00 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ホーバークラフト
現代画報」の表紙が大分県の風景写真が使われていました。

大分県と聞いて、どのようなことを想像されるでしょうか。温泉が一番有名かもしれません。
私の主人の親戚が大分県に住んでおり、以前に冠婚葬祭で何度か訪れたことがあります。

私が現在住んでいるのは大阪なのですが大阪からは飛行機で大分空港まで移動し、大分空港から
は「ホーバークラフト」というものに乗って移動しました。
私の記憶している限りでは途中まで陸を走り、途中から海の上を運行していたように思います。
船とは違い、かなりのスピードが出ていたように思います。

「ホーバークラフト」は、イギリスの電気技術者クリストファ・コッカレルという人が自分のボート
のスピードを上げようと、最大の障害となる水の抵抗を減らすために様々な工夫をして、ついに船体
自体を水面から浮かせることを考え付いたのだそうです。

高速気流を水面または地面と船体との間に送り込んで、その押し上げる力を利用して船体を持ち上げ
ているのだそうです。そして、飛行機同様プロペラの力で前に進むのだそうです。

初めて乗ったときには陸から海に入り、海の上をかなりのスピードで走る乗り物にびっくりしまし
た。私自身乗り物酔いが激しいのですが、すぐに目的地についたので酔う暇もなかったくらいです。
揺れもあまり感じませんでした。そして、面白い乗り物だというのが私の第一印象でした。

昭和46年以来38年間、様々な方が利用されたこのホーバークラフトは今年の10月31日に運行を終了
したそうです。運賃が高かったのでしょうか、利用される方が減ってきたのでしょうか。

理由は、私自身分らないのですが・・・。
あのような面白い乗り物がなくなるのは残念で仕方ありません。
が、長年お疲れ様でした・・・と言いたいです。



現代画報を再発見
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
[ 2010/11/14 23:04 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 中古マンションリフォーム台頭
国際通信社国際ジャーナルに、
「なぜ新築ではなく中古なのか!? 中古マンションリフォーム台頭の理由」という
記事が出ていました。

首都圏の地価の上昇、建築資材や人件費の高騰によって、
都心部やある程度の市街地では新築マンションの価格が底上げされてきました。
また、エコやロハスなど環境を配慮した「ものを無駄にしないライフスタイル」が根付いてきた現代では、
中古物件の有効利用に注目が集まっています。
このような時代背景を受けて、中古マンションリフォームがますます広まってきているように思います。

さらに、新築マンションと比較したときのメリットとしては、
こなれた住みやすい住宅地が出来上がっている事、
新築マンションに比べて安価であり、売却の際にも価格の下落幅が小さい事
などがあげられます。
また中古マンションはリフォームすることにより、
現代にあった間取り・設備にすることができ、
前の居住者の使用感が気にならなくなるという
中古マンションのデメリットとされる部分をもカバーでき、
自分だけのオリジナリルな空間を比較的手ごろな価格で作れるというポイントが
中古マンションリフォームの台頭につながっていると思われます。

国際ジャーナルで掲載
国際通信社Booksブログ
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
[ 2010/11/13 14:48 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日光の力
今朝はホントに焦りました。いつもの起床時間より1時間15分遅かった・・要するに寝坊だよ、寝坊。朝の1時間ロスってもう致命的ですよ!布団も上げず顔を洗わずパジャマのまま朝ご飯作って家族を送り出すのが精一杯でした。送り出して振り返るとぐちゃぐちゃなリビング寝室が
待っていて・・しかも洗濯機も回してない。。全ての家事が1時間ずれ込んでしまい、すっかりやる気ゼロになりました(落)二度寝したのがまずかった。寒くなると布団に出るのが嫌でよくやってしまうのです。あと、朝陽を浴びないとダメね。カーテンをざっと開けないと。日光が作り出す体内時計をバカにしちゃいけません。明るければいいのかって言うとそうでもないですよ。やっぱり梅雨の時期や雨の日、体が重いのは気圧と日照時間が絶対関係あると思います。
国際ジャーナルの最新号で、11月12日の「いい皮膚の日」に関する記事が載ってますね。健康的な皮膚を作るには日光を浴びることが大切とか。紫外線のことを考えると、単純に日光浴しちゃダメなんだろうなと思いますが、適度に光を浴びないとそれはそれで良くない気もします。
女子的には、肌のためには夏だろうが冬だろうが日焼け止め必須!というのが最近の風潮ですよね。皮膚科ではどっちを推奨してるのかな?すごく気になってきた。。30代半ばも過ぎると、ちょっとした日焼けがシミに直結しているなって実感しますけど~。子どもなら大丈夫かと思ってましたが、数年前から子どもを紫外線から守るためにってUV加工の防止やサングラスを売るようになってますよね。真っ黒に日焼けしてない夏の子どもは個人的にはいただけないけども。逆に子どものうちから皮膚を鍛えておいた方がいいんじゃないですかね?日光の力を人間の体も上手く取り入れられるといいのに。というか、そういう記事なのかも。要チェックだわ~。





報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
国際ジャーナルに掲載
[ 2010/11/13 12:09 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル たくましい子供たち
先日、テレビである情報番組を見ていました。

ある幼稚園で園児が大人顔負けのことをしている姿が紹介されていたのです。

毎朝、その幼稚園の園児たちは幼稚園の周り約5キロを走るのだそうです。走るだけでは子供は飽き
てしまうだろうということで、途中ですべり台をすべる、鉄棒で前周りをするなどのメニューも取
り入れているのだそうです。
毎日、園児たちは裸足、そして体操服の短パンのみの姿で走っているそうです。上半身は裸で走って
いるのだそうで、しかも途中で園長先生が水をかけて「頑張れ」と応援しているのだそうです。
そして素敵なことに、走る速度が遅くなってきた園児を別の園児が声を掛けてお互いゴールに向か
って頑張るのだそうです。チームワークが生まれるのですね。

そして毎年、富士山の登山、フルマラソン出場と大人もびっくりするような行事があるのだそう
です。ところが、富士山も弱音を吐かずに登り、フルマラソンも7時間のタイムでゴールするのだ
そうです。私にも子供がいますが、テレビに映ったその姿を見て言葉を失うほどびっくりしました。

その幼稚園では、体を動かすことを重視しているのでしょうか。最近では、そのような幼稚園が
増えてきているのだそうです。体を動かすことによって丈夫な体を造るということもあるのでしょ
うが、団体行動をすることによってお互いが協力し助け合うなどの行動も身に付くのでしょう。
また、集団生活でのマナー、ルールなども学べるのだと思います。

机に向かって字を書く練習、数字の練習も大事かもしれません。ただ、あくまでも私の意見なの
ですが、幼稚園のうちは体を動かすことを重視してもいいのでは・・・と思っています。

みなさんはどう思われるでしょうか。



報道ニッポン | 報道通信社 | 国際通信社グループ 国際ジャーナル 現代画報
報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載
[ 2010/11/10 22:53 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日本の景気浮揚策について必要な考え方
このところ、円高などのマイナス要因によって、日本 経済の先行きが心配され
ています。特に、国内総生産のほぼ6割を占める個人消費については、これから
の動向については注意する必要があると思 います。国際ジャーナルでも、この
日本経済と個人消費の関係については、大いに注目しているのではないかと思い
ます。今後も特集記事を出して もらいたいと考えています。今のところ、9月
にエコカー補助金が終了したことによって、自動車販売台数は大幅な減少が予想
されていますが、こ れはどうなっていくのでしょうか。また、景気を引っ張っ
てきた家電エコポイントも12月からは段階的に制度を縮小されることになって
います。 このように、日本経済の今後については、新たな刺激策が求められて
いると感じます。政府でも、早急な政策立案をして欲しいところです。また、
国会においても、活発な議論を展開することによって、日本経済の不安を払拭し
てほしいと思います。とにかく、日本国民の生活を安定させること が第一で
す。その点について、菅首相はどのように考えているのでしょうか。是非、政府
として積極的な景気浮揚の方策を打ち出してもらいたいで すね。これからも注
目したいと思います。





世界規模で禁煙の動き 国際通信社|国際ジャーナル
国際進のジャーナル
[ 2010/11/06 14:56 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル クワバタ出産
クワバタオハラのくわばたりえさん、2009年の春に出演中の番組内で当時交際中だった刈込さんから公開プロポーズされて婚約し、結婚したのを見ていた方もいらっしゃるかもしれませんね。そのくわばたりえさん、今月30日の午後3時55分に、第1子となる男の赤ちゃんを出産されたそうですよ~!めでたいですね!今月の頭から産休に入っていたくわばたりえさんは、30日の早朝に大阪市内の病院に入院したそうで、旦那様の刈込英介さんが立会う立会出産で生まれたそう。ちなみに、息子さんの体重は3274グラムで、母子共に健康とのことで、本当にホッとしたのではないでしょうか。まだ産まれたての赤ちゃんと一緒に過ごすのは、嬉しいけれどおっかなびっくりかもしれませんね~。息子さんの名前はまだ決まっていないそうですが、来年の春くらいいは仕事に復帰したいと考えられているようですよ。ちなみにくわばたりえさんの相方の小原正子は、くわばたさんの旦那の刈込さんから出産報告を聞くと、感激のあまりその場で号泣したそうで、「ホンマおめでとう。私が男らしさを教えます」と喜びのコメントを寄せているのだとか。相方の出産はやはり家族並みに嬉しいのでしょうね~!すくすく育ちますように!

月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年10月号のご案内 | 現代画報社
sportsnews.geo.jp
[ 2010/11/04 23:41 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル アマゾンは新種の楽園!
なんか面白いニュースがないかなあと見ていたら、面白いニュースを見つけました!

なんでも、南米のアマゾンでがんがん新種の動植物が見つかっているのだそうです。世界自然保護基金(WWF)によれば、なんと2009年までの10年間で、約1200種類の新種が発見されているだそうで、WWFは、驚くほど豊かな生物多様性が証明されたとしているのだそう。ちなみにこの1200種類の新種の内訳は、植物が637種類、魚類が257種類、両生類が216種類、爬虫類が55種類、哺乳類が38種類、鳥類が16種類だそう。アマゾンの動植物って、国際結婚みたいな感覚でいろんな生物が共存しちゃっているのかもしれませんね!ボリビアでは、なんと体長4メートルのアナコンダという大きなヘビの新種を確認したそうですよ。そういえば、ジェニファー・ロペスが出ていた映画も「アナコンダ」でしたよね~、あれ、怖かったなあ!また、ペルーではキレイな色のカエルが見つかり、小型霊長類のマモーセットやオウムの新種も発見されているのだそう。アマゾンと言えば、地球の酸素を供給してくれている熱帯雨林が有名ですが、なんと過去50年で17%も消失しているのだとか。少なそうに見えて、実はマズイのだそう。いやあ、死ぬ前に一度は行ってみたいですよね。

国際ジャーナルの詐欺に関する記事
国際ジャーナル 通信
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
[ 2010/11/01 22:28 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。