FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル コーチングがなぜ必要とされているのか?
現代画報社の現代画報にも特集されていますが、最近のビジネスでは、
コーチングという人材育成法がはやっていますね。これは従来の人材育成と
比べて、どのように違うのでしょうか。いままでの日本の教育では、
教える側と、教わる側の二極に別れていて、情報は一方的に流れていたと
言えます。これは、教える側の知識や経験によって、その成果が左右される事に
なります。また、画一的と批判されますが、どうしても、個性に合わせた教育は
できなくなりがちです。これに対して、コーチングは、教わる人の自発的な意識
の変化を求めるところが大きなポイントになります。あくまで主役はプレイヤー
の側にあるという考え方です。ビジネスにおいても、単に上司から命令された事
だけをこなすのではなく、自分から必要な知識や情報を身につけることによっ
て、受身型から提案型になる事ができます。しかし、コーチングの成果がでるに
は、ある程度の時間が必要となりますので、短期間に成果が必要な場合は、その
辺が問題となるかもしれません。ビジネスにおいては、顧客の好みが多様化して
きており、市場環境もいっそう複雑になっていますので、今までのような中央集
権型の人材育成では追いつかなくなっている、そこにコーチングの必要性が生ま
れているのではないでしょうか。






報道通信社 取材
keiba.bulog.jp
[ 2010/08/29 21:07 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ホームページをリーズナブルに作るには?

今の時代は、インターネットが商売のインフラになっていますので、どんな小さ
なお店でも、最低限のホームページが必要であるとよく言われています。一方、
いざホームページを作ろうとしても、一体何から始めていいのかわからない経営
者の方も多いと聞きます。一番多い悩みは、費用の相場がわからないということ
です。もともと知識があまりない方が何かを購入しようとする場合、売る側に
とっては、より自分のサービスを高く売りつけることができる、いわゆる「カ
モ」になってしまいます。こんな時はどうすればよいでしょうか。一番簡単な方
法は、複数の会社から見積もりをもらう事です。ただし、見積もりをもらう場合
には、どのようなホームページを作るか指定する必要がありますね。こんな時は
どうすればいいのでしょうか。これについても簡単な方法があります。自分が作
りたいと思うような、他社のホームページを指定して、「これと同じのを作った
場合」という感じで見積もりを取るのです。そうすれば、同じ仕様によって、各
社の値段の差がわかります。また、自分が作りたいと思っているホームページの
価格がどれくらいなのか、つまり相場がわかりますね。これがホームページ初心
者でも損をしない方法だと言えます。






国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内
[ 2010/08/28 09:22 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 今年のミス日本の活躍は?
最近注目度が上がっているのが、ミス日本として世界大会に出場する女性たちではないでしょうか?近年、日本もミス・ユニバースに選ばれるなど、日本女性もなかなかあなどれなくなってきた?ちなみに、今年は8月23日にアメリカのラスベガスで開催された「ミス・ユニバース」の世界大会、我が国日本は、板井麻衣子さん(26)が勝負に挑まれまシアが、残念ながら15位以内に入れず、1位はメキシコ、2位はジャマイカ、3位はオーストラリアだったのだとか。気になる方は、ググって見てくださいね。さて、おしくも破れてしまった日本代表の板井さんは、8月26日にインタビューに応じているそう。そして、今回の大会が終わったことで、「すっきりしている。大会でトップ15に残れなかったという悔しさはあるが、それまで現地入りしてからの2週間や、日本代表になってからの期間が大事だったと思えるので、一つ区切りがついて爽快」と話されているそうですよ。この2週間というのは、他の国の代表とホテルで共同生活を送りながら、写真撮影やイベント参加をしていたのだとか。約2週間にわたって他国の代表とホテルで共同生活を送りながら、写真撮影やイベント出席などを行った。ポルトガル語が話せるという板井さん、各国の女の子たちが世界中から集まってきて、生活を共にするのは、何よりも楽しかったと話されているそうです。

報道ニッポン再発見
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
[ 2010/08/27 23:00 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 温泉のお湯が冷たい?
8月下旬になっても、まだまだ厳しい残暑が続きます。
ほとんどの日が35度以上の気温で、テレビでニュース番組を目にしても
汗を流しながら歩く人々の姿が取り上げられています。
日々の生活でも自分自身が汗をながしながらの生活を送っているため、
「いつになれば涼しくなるんだろう」と毎日思っているところです。

その中、松江市内に「冷たい温泉」が登場したそうです。新聞記事に載っていました。
松江市の「松江フォーゲルパーク」というところでは8月の21日と22日に、源泉
を18度前後まで覚ましたお湯を使った「手湯」というものを開設したのです。
松江市内の温泉は32度のお湯を提供して、涼しさを感じてもらっているそうです。
とても嬉しいサービスではないでしょうか。

「松江フォーゲルパーク」の手湯「クールハンドスパ」は、松江しんじ湖温泉82.3度
の源泉を18度前後まで冷まし、おけに手をつけて体を冷ましてもらう仕組みになって
いるそうです。料金は無料だそうです。ハーブを浮かべてさわやかな香りも漂わせた
ということで、心も体もリラックスできたのではないでしょうか。

また松江市内の温泉施設では8月30日まで、露天風呂を32度まで湯温を下げて提供
しているのだそうです。本来は、地下600メートルからくみ上げた32度の源泉を
40度前後に加熱しているのだそうです。が、やはりこの暑さから涼んでもらうため、
露天風呂は加熱なしということになっているそうです。
今年は、この暑さから様々な業種で暑さ対策のサービスや物を提供しているようです。
この暑さのおかげで「去年よりも売り上げが上がった」というところもあるかもしれません。


yahoogoogleseo.awe.jp
現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社
[ 2010/08/26 00:20 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル エコポイントについて、考える
国際通信社発行の国際ジャーナルには、巻頭特集として「ECO-LOGY, ECO-NOMY,and
EGO-ISM 誰が為のエコポイントか」という特集を組んでいます。今年は夏のボーナスを利用して、エコポイントの商品を買おうと思われていた方や、実際に購入された方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?もともとエコポイントは、環境省と経済産業省、総務省が環境保護と景気対策の観点から運用したものですが、実際にエコポイントが使用されるものは電力消費が多い家電などだということで、国際ジャーナルが言うには真のエコとは程遠いという反発の声もあるようですね。確かに、エコポイントの財源も税金から捻出されていることなどを考えると、国際ジャーナルが言うように誰が得するエコポイントなのか考え込んでしまいますよね。ただし、やはりエアコンを新しくすれば、それだけ電力消費量なども下がりますから電気代も減り、電気の使用量が減ることで地球への負担は減るのではないかなあと思います。エコポイントが付いた商品は、私たち消費者の目から見ても魅力的ですから、お財布の紐が多少ゆるくなるのも間違いはないのではないかなと思います。エコポイントの運用結果は、興味深いですよね。

経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社
yahoogoogleseo.awe.jp
[ 2010/08/24 23:42 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 中村江里子、第三子出産
中村江里子(41)さんといえば、元フジテレビの女子アナというイメージがまだまだありますが、2001年に仏人実業家のシャルル・エドワード・バルトさんと結婚し、パリに移住されましたよね。そんな中村さん、第3子の女の子を産んだそうです!8月17日の公式ブログで、8月9日の月曜日、フランス時間の夜8時に出産したと報告。なんでもクリニックに入ってから1時間半後という安産だったようで、50センチ、3010グラムの女の子だったそう。娘さんの名前はtakae、それに彼女のひいお婆ちゃまたち4人の名前、マレンヌという名前が付くそう。2004年に長女、2007年に長男を出産している中村さん。「3年半振りに、授乳、オムツかえなどに追われる寝不足の日々が始まりましたが、私はこの単調な、でも、穏やかでただただ愛情だけが存在する温かな時間が大好きです」とママの愛情あふれるコメントをされていますよ。今年3月22日に第3子懐妊を発表したときは「きっと私の人生で最後の妊婦生活」と綴っていたそうですが、一転次女誕生で、妹が欲しかった長女は大喜びしているが、弟が欲しかった長男は…「次は弟だね!」と、今から楽しみにしているとのことで、もし、神様がチャンスを下さるのなら…あともう一人、産みたい!!と言っているのだとか。
報道ニッポンを求めて
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
[ 2010/08/23 22:56 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 企業ミュージアム
ある新聞に夏休みの自由研究にもぴったり・・・という話題が載っていました。

それは「企業ミュージアム」というものです。
子供だけではなく、大人の社会見学にもお勧めのものだそうです。

ある大手電機メーカーのミュージアムは、有名な創業者の歴史館を紹介していました。

1968年に開館され、創業者の生涯や商品、資料をパネルで紹介しているそうです。
館内は創業期の作業場を復元しているんだそうです。当時使用していた釜やアイロン、ラジオ
そして1950年代に「三種の神器」といわれたテレビ、冷蔵庫、洗濯機の初代モデルなど約100点を展示
しているとのことです。
現代は、液晶テレビ、炊飯器、コードレスアイロンなど当たり前のように各家庭にあると思うのですが、
販売当初の電化製品を見て、歴史を学ぶのもいいかもしれませんね。

次に、大手インスタントラーメンの発明記念館というものですが、メーカーが発売しているインスタント
ラーメンやカップ麺の製法や歴史を紹介しているそうです。
また、自分だけのカップ麺が作れるという素敵なコーナーもあるようで、これは大人も子供の頃に戻って
楽しみながら自分だけの世界に1つのカップ麺が作れそうですね。
当たり前のように食べているインスタントラーメンやカップ麺の歴史は、結構おもしろいかもしれません。
意外な発見が見つかるかもしれません。

他にも、エネルギーや科学について楽しく遊んで学べる体験施設だったり、あるスポーツ用品メーカーでは
現在メジャーで活躍する日本人選手のグローブやバットの展示をしているギャラリーもあるようです。
大正時代後期の野球のユニホーム、昭和初期の牛革グローブ、戦時中、革不足で帆布製だったグローブなど
の展示もされているようで、スポーツの歴史が感じられるようです。

夏休みの自由研究で、「何をしようかな」と悩んでいるお子さんもいらっしゃると思います。
もうとっくに宿題全部を終わらせているというお子さんも、家族で行かれてもいいかもしれません。
大人も気付かなかった事が改めて勉強になることもあるかもしれませんね。
私も、ぜひ足を運んでみたいと思っています。



国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 報道通信社
nownews.bex.jp
[ 2010/08/22 22:19 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 臓器移植法改定後の臓器移植
最近、臓器移植法が新しくなったことでニュースになっているのが、若い脳死状態の患者からの臓器移植ですよね。8月9日に生前に書面にて臓器提供に関する意思表示を残しておらず、男性の家族の承諾を基に脳死判定が行われ、移植が実施された方がいらっしゃいましたね。ただ、この方の場合は、生前に本人が提供意思を家族に口頭で伝えていたそうですから、勝手な家族の判断ではないようです。これって難しい問題だと思いませんか~?自分だったら、死んでいるのだから痛くもないんだし、他の、臓器があれば生きることのできる可能性のある方に臓器をあげたいと思うのかと思えば、いくらしんでいるからとはいっても、死んでからお腹を切られて臓器が体から取りだされるのかと思うと、なんだか怖い気もしまうよね。すでに国内では、90例近くの臓器移植が行われたそうですが、家族の方はどんな気持ちになるのか不思議に思います。やっぱり本人は死んでいても、本人の体の一部が他の人の体で生き続けていると思うと、元気が出るものなのでしょうか?臓器移植をしていいかどうか、そういった意思を生きているうちに自分のためにも、残される人のためにも、家族に言うか、書面で残したほうがよさそうですよね。

あゆみの取材で・・報道通信社
経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内
[ 2010/08/21 00:50 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
報道ニッポンと現代画報の特集記事 大切なのに
日々忙しさに追われていると、自分の事なのに、
何が好きだったとか、こういう感情を持っていたとか、
忘れてしまっていたりします。
本当はのんびり暮らしていきたいのに
その為に働いていたり、動いていたりと
現実はあわただしくて、なかなか、まだまだ、
「のんびり」とはいきません。

少し考え方を変えて、先のためだけじゃなくて、
現在を「豊かに暮らす」ことも
一度の人生の中では、とても大切なことじゃないかなと
おもうのですけれど・・・・

ただただ毎日をガンバッテ生きてる(時にはそれさえ出来ず、
だらだら過ごしている)のが、身についてしまったのかも。
一日の時間の流れがほぼ決まっているのは、
計画的なような、惰性のような・・・。
考えることを停めると案外それはそれで
居心地がよいですし。
何かを変えようとするのは、
とても、勇気やら、努力やら、忍耐やらがいるので、
元来怠け者の私にはなかなか踏ん切りがつかないことが
多くなってきた様に感じます。





国際ジャーナルが発刊
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
[ 2010/08/17 22:42 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 ケミストリーな未来を担う
国際化学オリンピックが今年も開催されました。7月19日から28日までの10日間に渡って、世界中から選ばれた高校生たちが化学の知識を競う国際大会です。国の代表として一カ国4人で参加するのですが、大会そのものは実験試験と筆記試験を個人戦で戦います。グループで競うわけじゃないところが面白い。ここで出される問題というのがアナタ、すごいんですよ。例えば、「アポロ16号が採集した月の石の年代を求めよ」とか、「室温で窒素と水素を混合するとどうなるか」とか「ベンゼンの水素化のエンタルピーは水素の燃焼からどのように導くことが出来るか」とか(もはや何の話をしているのかすら分からない!)。高校生なのに、この大会での参考書は大学の教科書、さらに大学院の教科書を読まないと分からないようなことが出てきます。日本代表の子たちは2年連続で金メダルを受賞していてとても優秀なのですが、金メダルは1人にではなく、参加者の中で最も優秀な成績を修めた1割の生徒に与えられ、一番成績が良かった遠藤君は19位でした。それでも、日本の高校の化学のレベルは低いんだそうです。特に実験が弱く、学校教育が遅れているのが原因だ・・箸いΔ海箸任后9餾櫂献磧璽淵襪任亘莵罅・軌蕕慮従譴燃萍・垢訖佑燭舛竜Ⅶ・鮑椶擦討い泙垢・△海Δ靴森盥酸犬燭舛亮茲蠢箸漾・惺散軌蕕箸粒丙垢砲弔い董・佑湛・鵑声荳爐魎圓靴燭い箸海蹐任后・・・・・・
ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポン 取材
[ 2010/08/15 12:37 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 宇多田ヒカルさんが活動休止
テレビや新聞など、大きく取り上げられた記事があります。
それはシンガーソングライターの宇多田ヒカルさんが来年から音楽活動を
休止することを8月9日、公式ブログで電撃発表したということです。
休止期間については明言せずに無期限休止ということになるそうですが、
引退は否定しているということです。
「これ以上進化するためには、音楽とは別のところで人として成長しなければ
なりません」と説明していたということです。年内は活動するそうで、秋には
ベストアルバムが発売されるそうです。

宇多田ヒカルさんは1988年、15歳でデビューしてから12年もの間、
音楽漬けの毎日を「音楽に専念できるように、過保護に守られた生活」と振り返って
いるそうです。その結果、人として大事な部分の成長が止まっていると判断した
といいます。現在、宇多田さんは27歳、衝撃的なデビューからそんなに時間が
経っていたのか・・・と私は驚きました。

人として成長するために・・・というご自分なりの考えは立派なものだと思います。
きっとファンの人たちも復帰を待ってくれることだと思います。
宇多田さんのコメントを見て、国会議員のみなさんにもぜひ「人としての成長」を
していただきたいと思ってしまいました。国際通信社より発行されている雑誌にも
政治や国会に関する記事が様々な内容で紹介されていたように思うのですが、
自分たちだけのためではなく、国民のための政治を目指して国民の目線に立つことが
できるような議員を目指していただきたいと思います。話が変わってしまいましたが。


経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社
nownews.bex.jp
[ 2010/08/14 00:25 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 食中毒

この季節、毎年必ずどこかで食中毒が発生してニュースになっています。

特に、行楽地に出かける家族づれが用意するお弁当や、

日々の節約のためにOLが持参するランチボックスは、

調理してから食べるまでの時間が長いため、細菌が繁殖しやすく食中毒の原因になりがちです。



食中毒を起こさないために、

その原因と対策を調べてみました。



細菌による食中毒が夏に増えるのは、

37℃程度で細菌が最も繁殖するためだそうです。

活発な細菌は20~30分に一度分裂するので、例えば朝7時に作った弁当に細菌が混じり、


30分に1回分裂したとすると、正午の時点で細菌は約500倍に増える可能性があるとのことです。

原因菌として近年多いのは、サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌などとのことで、

食肉や魚、ヒトに存在する細菌が原因となっていることがわかります。



こんな身近に存在する菌でも、

多くは75℃以上で1分間、完全に加熱すれば死滅するので、

特に弁当に入れる食材はしっかりと火を通すことが必要です。



彩りをよくするためなどに使用したいトマトなど、生の野菜はなるべく控え、

しっかり加熱した食材を使い、

食べる前まではできるだけ冷蔵、または保冷剤などを利用して冷たく保ち、

食べる直前に電子レンジ等で加熱してからいただけば、

食中毒の危険性はかなり減らすことができるようです。



弁当を持参する状況にもよりますが

ちょっと注意するだけでかなり効果が上がりそうなので、

この情報を役立てて、安全な弁当で夏を乗り切りたいものです。

国際ジャーナルを発見
国際ジャーナル、報道ニッポン、現代画報
[ 2010/08/12 10:14 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 不妊治療
テレビで「不妊治療」についてはある番組で特集されていました。
かなりの金額がかかるし、体力・・・という以前に精神的につらい状況にたたされる事が
多いようですね。それでも、やはり「子供がほしい」という強い気持ちがあるからこそ、

夫婦チカラを合わせてどんな治療にも耐えられるようです。

私の知人にも不妊治療を受けた人がいます。「また今月もお金がかかる~」と嘆いていました。
数ある治療方法の中でどのような治療をしたのかは詳しくは聞いていませんが、毎回相当な痛み
を感じて帰ってくるそうです。「今度こそは」「今度こそは」と期待しながらも、悲しい結果に
終わったときのつらさといったら、言葉では表現できないそうです。

「不妊治療」を受けようと思ったらかなりの金額がかかる・・・と先ほどから記載させて頂いて
ますが、そのためには仕事をしなければお金は貯まりません。仕事の内容にもよりますが、知人は
仕事が忙しいために、思うように病院へは行けなかったそうです。

知人は、旦那さんと話し合い子供は諦めてしまいました。何年もの治療期間でしたが、お互いが
とてもつらくなってしまったようです。でも今は、とても素敵な「キャリアウーマン」で仕事を
頑張っているようですよ。

人には色々な人生があります。ですが、その人生の中に「子供がほしい」という願いを持っている
人もいるんですよね。「自然妊娠が当たり前」と思っている政治家の人が多いかもしれませんね。
でも、日本全国には「子供がほしい」けど、悩みをたくさん持っている人が大勢いる・・・と
いうことを忘れないでもらいたいと思います。




現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル文芸批評
[ 2010/08/11 22:46 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 児童ポルノ、画像発見後「即座に遮断」
児童ポルノ定義の範囲は非常に大きく、簡単に言えば、「児童ポルノ」とは、衣服の全部又は一部を着けない児童(18歳未満)の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するものとなっている。そもそも、16~17歳未満は児童ですかという問題がある。また、その年齢、画像の「性欲を興奮させ又は刺激するもの」をどうやって判断するというのか、非常に主観的な判断に委ねられることになる。これは禁酒法と同じで、全く効果を発揮しない可能性も十分考えられる。
児童ポルノが良い訳がないが、だからと言って、曖昧なままこの法律が施行されることは、大きな別の問題を引き起こしかねない。気になるのは、記事中にある「今後、新設する民間の管理団体」である。要するに官僚は児童ポルノを錦の御旗にして、新たな天下り先の確保の手段に利用しているような側面も伺えることである。誰も反対ができないことを理由に利権を作ることを利用されるなら、被害にあった児童がかわいそうというものである。
-----以下、TBSニュース引用要約
インターネット上に氾濫する「児童ポルノ」対策について、警察庁などのワーキンググループは、画像が見つかった場合には強制的にサイトへのアクセスを遮断する「ブロッキング」と呼ばれる措置を即座に取れるとする内容で合意。児童ポルノ画像は、発見された後、少しでも放置されれば被害者の負担が大きいため、画像が発見されれば即座に取れるようすべきだとの内容で合意した。具体的なサイトについては今後、新設する民間の管理団体が遮断すべき対象となるアドレスリストをつくり、接続事業者が「ブロッキング」を実施することになる。(




現代画報
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
[ 2010/08/09 23:28 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 中国がかかえる労使問題という爆弾
国際ジャーナルでは経済に関する話題をよく読んでいますが、最近の中国の動向
については注意しているところがあります。最近のニュースですが、中国広東省
仏山にあるホンダ系の自動車部品工場でストライキが発生しています。これは賃
上げを求めて中国人の従業員らがストライキを起こしているのが原因です。中国
人従業員の要求としては、日本から派遣された駐在員との「50倍」という給与
格差が問題の様です。これによって不満がたまり、経営側を突き上げているので
はないでしょうか。地元の衛星テレビなどによると、ストライキが発生している
本田自動車部品製造という会社では、なんと女性従業員が手取りで月額平均約1
千元(約1万3500円)です。それに比べて駐在する日本人技術者は同5万元
となっています。中国は安い労働力を背景に世界から投資を呼び込んでいます
が、今後は労使関係によるトラブルが増えてくるのかもしれません。中国では年
内にも「同一労働同一賃金」を柱とする「賃金法」の成立が見込まれています。
今後の中国の労使問題については、経済の行方に悪影響を与える可能性もあると
言えるのではないでしょうか。いずれにしても、これからの動きに注目したいと
ころです。





評判の国際ジャーナル
報道ニッポン | 報道通信社 | 国際通信社グループ 国際ジャーナル 現代画報
[ 2010/08/08 21:52 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 人気あるお菓子が非常食に
地震や豪雨などの災害というのは、いつ起こるかわかりません。
災害に関しての記事が、以前に雑誌「現代画報」にも載っていたように
思います。

災害などの「防犯対策」への関心が今、高まっているように思います。
その中、お菓子メーカー各社はここ数年、9月1日の「防犯の日」に向けて
様々な防災商品を期間限定で発売しているのだそうです。
今年は江崎グリコが「ビスコ」や「グリコ」を、そして森永製菓はビスケット
の「マリー」や「森永ミルクキャラメル」を、ロッテは「コアラのマーチ」の
長期保存タイプを8月3日より全国の大手スーパー等で数量限定で展開している
といいます。それぞれ商品名を見たり聞いたりするだけで、子供に人気のある
ものだと思います。

江崎グリコは「万が一の被災時、ストレスが多い環境下においては、そのブランド
への安心感やおいしさがお役に立つのでは」という思いから、3年前から防災対策
商品を展開しているそうです。
パッケージは防災対策のものとはいえ、スーパーで販売されている通常のお菓子と
同じものです。非常食というと味気ない商品・・・というイメージが多いのですが、
おなじみのパッケージだと、佩び得る子供不安を抱える大人たちの心を少しでも
癒すのではないでしょうか。先がわからない状態、不安でいっぱいの心をほんの
少しでも和らげることが大切なのかもしれません。


怪しいものにきをつけろ!! okiの現代画報
報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
[ 2010/08/06 23:50 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 教育格差について考える
教育格差という言葉を最近新聞や雑誌でよく見かけます。
先日も友人と話していてその話題が出たので、ちょっと気になって調べているところです。
そもそもこの教育格差とは、大きく分けると二つの意味を持ちます。
一つは、公立校と私立校の格差です。
ゆとり教育により、公立校は授業時間数が減少し、結果授業のレベルも低くなっていきました。
比べて私立校は、高額の授業料がかかりますが、中高一貫の形態が多く、受験対策も含めてレベルの高い授業を行ってきました。
もう一つは、都会と地方の格差です。
都会には大手の塾や予備校などが多数あり、進学先の選択幅が広く競争も激しいのに対し、地方には進学塾が発達しておらず、進学先の選択肢も少ないと言えます。
この二つの格差は、親の仕事や収入による格差とも言えます。
低所得の親の元で私立校も進学塾も通えなかった子供が高学歴を得るのは難しく、またその子供が高い所得を得る職業に就くのが難しくなるという結果を招き、格差は親から子へと受け継がれていってしまうのです。
この格差の連鎖が続けば、社会に及ぼす影響も大きく、深刻な問題といえます。
報道通信社の報道ニッポン最新刊で教育格差の防止について取り上げられていたので、これから読んでみようと思っています。




opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
報道ニッポンの誓い 報道通信社
[ 2010/08/05 22:56 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 SMAPのアルバム、首位に
SMAPファンの人は待望だっただろうSMAPの2年ぶりになるアルバム、「We are SMAP!」が、発売されて初めの週ですでに18万枚を売り上げているそうで、8月2日付の週刊アルバムランキング首位に登場しているようです。やっぱりSMAPファンは全国各地に多数いらっしゃるようですね~、なんといっても1991年にデビューしてかなりの年数が経つSMAPが今も現役でアイドルをしていられるのは、SMAPのメンバー個人が持っている才能のおかげかな?ちなみに、SMAPのアルバム首位においては、2003年の6月に発売された「SMAP 016/MIJ」から5作連続で通算11作目となるようですね。SMAPの記録は、ソロを含めてアイドルの中では史上初ということですよ。今回のアルバムでは、久保田利伸さん作曲のシングル「そっと きゅっと」、ダニエル・パウター、久石譲(なんと作詞がお笑いの太田光さん)、RIP SLYME、槇原敬之さんなどによる提供曲やら、メンバー5人のソロ曲など、2枚組で全21曲を収録するという豪華版です!これだけ豪華な内容で、売れないわけがないですよね。SMAPは7月31日から全国ツアーもスタートするということで、メンバーの人にとっては忙しい夏となりそうですよね~。

あんそにの国際ジャーナル
ハッピージャーナル | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
[ 2010/08/03 22:55 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国際ジャーナルの対談取材 災害
私の住む地域では、本当によく雨が降ります。
最近、近所の人や顔見知りの人に挨拶をする時は決まって「よく降りますね」
なんです。いつになったら、梅雨明けするのやら・・・。

しかし、「よく降りますね」では済まない状況になっている地域があります。
豪雨にみまわれ、被害が起きています。
家が流され、またけが人だけでなく亡くなった人もおられるようですね。
また行方が分からない人もおられるとか・・・。

きっと、普段どおりの生活をしていて「よく降るなあ」と思いながら、家の用事
をしていたり、またのんびり過ごしていた人もいらっしゃるでしょう。

本当に自然の力というのは恐ろしいものだと、改めて感じています。

小学校、幼稚園の子供を持つ家庭は、やはり夏休みの思い出作りを優先するかもしれませんからね。
夏休みの終わりに近づくとひょっとしたら、「サザエさん」ちのカツオくんのように「まだ宿題ができてない~」と
嘆いてしまう子供もいるかもしれませんが・・・。
予断ですが、私は「カツオくん」のパターンでした・・・。とても、大変な思いをしたのを
覚えています。




現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン
国際ジャーナルの詐欺に関する記事
[ 2010/08/01 23:12 ]

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。